タンパク質摂取の重要性

ヒトは水分を除くとほとんどタンパク質でできています。
したがって、食事においてもタンパク質を欠かすことはできません。
もしタンパク質含量の少ない食事を続けるとどうなるのかを考えてみましょう。

カロリーは適切ですが、タンパク質含量の少ない食事を摂取すると、尿素やその他の酸の排泄量が減少していきます。
尿酸排泄量は約50%減少しますが、クレアチニンの排泄量はほとんど変わりません。
クレアチニンとは、タンパク質の代謝産物であり、尿細管における再吸収・分泌を受けることなくそのまま排泄される物質です。
したがって、尿中に出てくるクレアチニンや約50%の尿酸は通常時においても、タンパク質摂取量と無関係な要素に由来していると考えられます。

タンパク質ばかりでなくカロリーの摂取も不足すると、生体内のタンパク質がエネルギー源として分解されますが、グルコースを与えると、このタンパク質分解は著明に抑制されます。
この抑制効果は、主としてグルコース投与の結果生じるインスリン分泌の増大であると考えられます。
また、比較的少量のアミノ酸の投与でも、タンパク質節約効果が生まれます。

脂質もまたタンパク質節約効果を示します。
飢餓状態が長く続くと、脂肪から生じたケト酸は脳やその他の組織で使われます。
これらケト酸の筋での代謝補助因子は、分岐鎖アミノ酸と共通しているため、脂肪由来のケト酸の利用度に応じてこれらアミノ酸の分解を防止されます。
全面的な飢餓の時、酸化分解されるタンパク質はほとんど肝臓、脾臓、筋に由来するものですが、心臓や脳のタンパク質も少量使われます。
また体内の中性脂肪は急速に分解されていき、ケトーシスもみられるようになります。

 

貯蔵脂肪が消費され尽くすとタンパク質分解はさらに急速に増大し、最終的には死に至ります。
このようにタンパク質摂取は重要なものになります。
欠かさず摂取するようにしなければなりませんね。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-4

    神経分離可能性の原理

    運動の遂行には、様々な感覚情報が関与します。心理的要因も例外ではありません。運動の制…
  2. 2016-2-11

    IAP(腹腔内圧)の上昇能と動的制御・パフォーマンスアップ

    体幹は身体質量の約65%を占めドロップジャンプ動作の着地局面における体幹の慣性モーメントは下肢の慣性…
  3. 2015-7-31

    運動療法から考える骨格筋

    運動療法とは運動を行うことで身体の機能の回復や、症状の改善を目指す療法です。主な目的は疾病や…
  4. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  5. 2014-12-25

    足のアーチと衝撃吸収

    立位の重心を考えた時、人間は踵のほうに重心が落ちており、足部で考えると踵骨があって距骨があるという …
ページ上部へ戻る