骨の構造調整とメカノスタット

骨が機械的負荷にどのように反応するかについては、現在でも十分に解明されていないのが現状です。
ですが、これまでの研究により、これらの反応が「メカノスタット」によりコントロールされていることが示唆されています。

メカノスタットとは、骨の構造を調節することにより、骨のひずみを至適レベルに維持する働きのことをさします。

骨に機械的負荷が加わることにより生じる骨のひずみは、細胞の信号に変換されると考えられています。

実は骨細胞は、ひずみの感知と信号の伝達を行う細胞であると考えられています。
そして、細胞の信号は局所におけるひずみのの至適レベルと比較されるといわれています。
つまり、この信号がひずみの至適レベル域内であれば、順応は起こらず、モデリングあるいはリモデリングが続くことになりますが、ひずみが至適域を超えるか逆に下回る場合には、オーバーユースあるいは廃用といった具合に状態が感知され、ついで認知されることになります。

その結果として、認知されたひずみは、骨のひずみを至適レベル内に戻すように再調整するため、正味の骨の増加あるいは減少を伴う適切な反応がおこるものであると考えられています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  2. 2017-2-22

    重要性と原則に照らしてトレーニング種目を配列する

    トレーニングは最初に行った種目の効果が一番大きくなり、後に行った種目ほど効果が小さくなります。…
  3. 2014-12-25

    足のアーチと衝撃吸収

    立位の重心を考えた時、人間は踵のほうに重心が落ちており、足部で考えると踵骨があって距骨があるという …
  4. 2015-2-15

    サルコペニア対策は大丈夫?

    今日は加齢によって起こる「サルコペニア(加齢性筋萎縮症)」という問題について触れていきます。…
  5. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
ページ上部へ戻る