グルココルチコイドの生理学的作用

グルココルチコイドは副腎皮質球状層で産生されるホルモンの総称で、コレステロールから産生されるステロイドホルモンです。

コルチゾール、コルチコステロン、コルチゾンの3種からなり、多様な働きをもちます。

グルココルチコイドの多様な効果は、このホルモンがグルココルチコイド受容体と結合することから始まり、このステロイド−受容体結合はDNAの一定の分節の転写を促進する転写因子として作用します。

この結合によって、DNAの一定の分節の転写が促進されます。

その後、適切なmRNAを介して細胞機能を変える酵素群の合成が進行します。

加えて、グルココルチコイドは遺伝子を介さない作用をもつことが知られています。

グルココルチコイドは、炭水化物、タンパク質、脂肪の中間代謝に影響を及ぼし、タンパク質分解の増大、肝臓のグリコーゲン生成および糖新生の増大などに働きます。

また、グルコース-6-ホスファターゼ活性を増大させるため、血漿グルコース濃度が上昇します。

グルココルチコイドは末梢組織に対して抗インスリン作用を有し、糖尿病の増悪の要因となることもあります。

しかし、脳と心臓はその影響を受けないため、血漿グルコース濃度の上昇は、これらの器官へ余分にグルコースを供給することになります。

さまざまな代謝反応が起こる場合、ごく少量のグルココルチコイドがなければなりせんが、グルココルチコイドそのものがそれらの反応を引き起こすわけではありません、

このような働きを許容作用といいます。

許容作用とは、他のホルモンの効果発揮のためには必要になるが、その物質そのものは効果を示さないことをいいます。

この許容作用によりグルココルチコイドは、グルカゴンやカテコールアミンの熱量産性効果発現にも、カテコールアミンの脂肪分解効果発現や血圧上昇反応、気管支拡張の発現などにも重要な役割を持っているのです。

許容作用によるグルココルチコイドの働きで特に重要だといえるのが、ストレスに対する抵抗性を高めるというものです。

必ずしも全てのストレスではありませんが、ストレッサーの多くはACTH(副腎皮質刺激ホルモン)分泌を刺激します。

このACTHの増加は、ストレスが激しい時には生存するために必須になります。

ACTHの増加は、結果として副腎皮質からのグルココルチコイドの分泌の増加を引き起こします。

グルココルチコイドはその許容作用によって、副腎髄質からのアドレナリンの作用を増強するとともに、抗ストレス作用を発揮してストレスに対する抵抗性を上昇させます。

副腎皮質は、多量の糖質コルチコイドの分泌により、次第に肥大していきます。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-26

    テクニックを覚えるのに最適な期間

    さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。…
  2. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  3. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
  4. 2015-2-1

    レム睡眠のレムってなんですか?

    ヒトは一生の約3分の1を睡眠に費やしています。その時間が無駄なように感じることもあるでしょう…
  5. 2015-9-27

    運動後の筋疲労回復としての軽運動

    運動に疲労はつきものです。運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れら…
ページ上部へ戻る