歩行制御系における脊髄小脳ループ

歩行において、1つの肢の運動は、いくつかの関節を含む多関節運動であり、さらにその多関節運動が複数の肢で実行されます。

1つの関節の運動といっても、主動筋、共同筋、さらに拮抗筋の強調した活動によって実現されることを考えれば、冗長かつ多自由度を有する多数の筋活動の時間・空間的パターンを同時並列的かつ協調的に制御してはじめて、円滑な歩行運動が遂行されるといえます。

小脳は、歩行時における筋緊張の制御と肢体運動の位相制御に関与し、それらを統合した結果の肢内協調(intralimb coodination)および肢間協調(intarlimb coordination)に非常に重要な役割を果たしています。

さらに、小脳プルキンエ細胞におけるシナプス可塑性を利用して外乱や外部環境の変化に対する予測制御、適応制御に貢献しているといいます。

小脳は、大きく3つの領域に分類され、正中に位置する虫部、その外側の中間部(傍虫部)、外側半球部から構成されます。

これらの中で、虫部と中間部は脊髄小脳(spino cerebellum)と呼ばれており、脊髄との入出力関係が強く、歩行の制御系においていわゆる脊髄小脳ループ(spinocerebellar loop)を形成しています。

歩行におけるリズムパターンの生成は、脊髄内に存在する中枢パターン発生器(central pattern generator ; CPG)によりますが、歩行中、脊髄のCPGの活動に関する情報は遠心性コピー(efference copy)として腹側脊髄小脳路(ventral spinocerebellar tract ; VSCT)を介して小脳に送られます。

一方、各種体性感覚系の受容器由来の情報は背側脊髄小脳路(dorsal spinocerebellar tract ; DSCT)を介して小脳にフィードバックされます。

背側脊髄小脳路は、小脳に単なる1つの末梢感覚器の情報ではなく、それらいくつかを集約・計算した結果についての情報を送っていると考えられます。

上述した背側脊髄小脳路および腹側脊髄小脳路は小脳皮質に苔状線維系として入力され、顆粒細胞−平行線維を経由してプルキンエ細胞に伝達されます。

プルキンエ細胞はこの苔状線維系の入力を小脳皮質からの出力として変換し、小脳核、脳幹下行路の種々のニューロンを介して脊髄内の介在ニューロンあるいは運動ニューロンの活動を調節します。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-15

    サルコペニア対策は大丈夫?

    今日は加齢によって起こる「サルコペニア(加齢性筋萎縮症)」という問題について触れていきます。…
  2. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  3. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
  4. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  5. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
ページ上部へ戻る