原始反射という運動構築の資材

膝蓋腱を叩くと、反射的な膝関節の動きが見られます。
他にも、熱いストーブに触れると敏速な反射的な四肢の逃避運動が起こります。

このような反射活動は「”自動的に”、または無意識になされる動き」と定義されています。
また反射活動は「受容、伝達、そして無意識に運動協調を助ける反応よりなる全ての神経学的過程」とも定義されています。

通常の反応というものは、生体の覚醒レベルや意識レベルを変化させる中枢神経系での持続する活動が、外界からの入力によって生み出される反応に影響を与えることになりますし、その反応は、その系ですでに経験した過去の学習にも左右されることになります。
刺激が中枢神経系に入力されると、その反応は中枢神経系の状態に左右されるがゆえに、その結果引き起こされる反応は、定型的なものでもなければ、安易に予想できるような自動的なものではなくなります。

しかしながら、このような反応の土台には原始的な反射運動が存在しており、「正常な協調運動の大部分は反射に基づいている」とも言われて、原始反射はほとんどすべての意志的運動の基盤になっているとも考えられています。

Ginsburgは「運動というものは反射によって機能的に繋がったもの」と考え、反射というものは「中枢神経系の統合された機能的活動の建築材料ばかりではなく、環境との相互作用の結果修正を受ける単純な反射から知能はうまれるのである」と語っています。

この考え方は意志的運動を家を建てることに例えており、家を建てるには資材が必要になり、その資材は建築者が機能的な家を建てるのに使われるのに対し、反射というものは運動の指令者(中枢神経系)が行うべき運動(意志による運動)を構築するうえで必要な資材だと考えています。

いちいち運動を一から構築するよりは、すでにある「反射」という材料を用いて運動を構築するほうが機能的であるということがいえるということです。
すなわち、反射活動が原始的なものから高度なものへと変化しているように、中枢神経系はある反射を意志的な運動の構築のための出来合いの資材としてうまく用いて複雑な運動制御を簡素化しようとしていると考えることがわかります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
  2. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
  3. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  4. 2017-1-31

    分厚い胸板をつくるために

    厚い胸板はトレーニングをする人、特に男性には憧れの存在です。ここが薄いとスーツやTシャツもか…
  5. 2015-2-1

    レム睡眠のレムってなんですか?

    ヒトは一生の約3分の1を睡眠に費やしています。その時間が無駄なように感じることもあるでしょう…
ページ上部へ戻る