呼吸・咀嚼・発声の自動性

呼吸は努力をしなくても、眠っていても自動的に続けられるという特性をもっています。

随意的に調節や停止ができるとはいっても、この自発性と自動性は重要なものです。

呼吸を発生させる原動力は呼吸筋です。

呼吸筋は横隔膜と肋骨に付着している2種類の呼吸筋からなっており、それぞれ脊髄の運動細胞に支配されています。

運動細胞の活動を形成する主役は、脳幹の下部にある呼吸中枢です。

呼吸中枢とは、呼吸に関係した多様な特性をもった細胞の集団の総称であり、延髄から橋にかけて、多数の細胞集団が存在します。

それらの細胞集団の連携によって呼吸リズムの発現と調節が行われ、その出力に支配されて、呼吸筋の運動細胞が周期的に活動します。

延髄には呼息と吸息それぞれの周期や遅い時期などに、種々のタイミングで活動する呼吸性ニューロンが存在し、6種類の集団を形成しています。

それらの細胞集団は、集団の間で互いに影響しあう回路網を形成し、回路網で行われる興奮と抑制の統合的な時間経過が、延髄から脊髄ヘ向かう出力ニューロンに呼息相と吸息相の基本的な時間パターンを形成します。

そのようにして呼吸の基本的なリズムが生成され、それに対して数多くの調節系が働いて、リズムの調節や呼息・吸息運動の調節を行います。

ここには、さまざまな反射が働いています。

まず末梢的要因による反射があります。

気道や肺あるいは呼吸筋のレセプターが機械的刺激を感知し、呼気・吸気の変調を伝えると、反射性にそれが修正される方向に調節が働きます。

また、血中の酸素、二酸化炭素、pHなどの変化はそれぞれ頸動脈と大動脈にある化学受容器によって感知され、脳幹の呼吸中枢に送られて、それそれ呼気または吸気を適正な方向に修正させるべく呼吸ニューロンの活動を調節します。

さらに、脳幹の呼吸中枢は、大脳の上位中枢の支配下にあります。

次に咀嚼運動ですが、ヒトや動物の咀嚼運動は摂食運動として重要になります。

その運動のパターンは、日常ではほとんど意識されることはありませんが、実は規則的な顎と舌のリズミカルな協調運動が行われています。

この基本的なリズムを形成するためには、脳幹下部に存在する中枢が働いています。

この中枢から開口筋と閉口筋の運動細胞に出力がなされ、咀嚼運動の基本パターンが形成されます。

一方、脳幹の咀嚼パターン形成中枢には、大脳皮質から出力が送られ、咀嚼の開始と停止がなされます。

咀嚼運動中に、開口、閉口筋に強い外力が加われば、反射性に運動が修正されます。

最後に発声ですが、これは未だに不明な点が多いですが、中脳が働くとされています。

発声を行うためには、呼吸筋および咽頭と後頭の筋群に特有な、しかも発声の種類に応じた活動パターンの組み合わせが必要です。

これに中脳が関わっているとされており、その中脳も上位中枢からのコントロールが働いているとされています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  2. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
  3. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
  4. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  5. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
ページ上部へ戻る