前頭前野とは

大脳皮質の前頭葉の前方を広く占有している連合野を前頭前野といいます。

前頭前野は動物間では特にヒトで発達しています。

前頭前野を必要とする脳の機能は多く、多面的な領域ですが、そのなかでも行動の統合的な制御という働きは、多くの高次機能のなかでも中心的な位置を占めています。

前頭前野のなかでも、その外側の領域は、特に行動の制御系としての働きが重視されています。

前頭前野は脳のきわめて広範な部位から情報を集める位置にあります。

最も顕著なのは、大脳皮質連合野から集まる入力です。

大脳皮質には視覚・聴覚・体性感覚情報を統合する領域として、多くの連合野が、頭頂葉・側頭葉・後頭葉前方に存在しています。

情報は、それらの連合野から皮質間連合線維により、前頭前野に運ばれます。

さらに、大脳の内側面の連合野や、側頭葉の内側で海馬や扁桃核で処理された情報を集める連合野も前頭前野に情報を送ります。

他にも、視床からの情報やも視床の背内側核を中心とした部位から豊富に入力されます。

したがって、個体の周囲を取り巻く外界の状況がどのようなものかをまとめた情報はもとより、自分自身の状態や、自己の情動、欲求、さらには脳全体の覚醒水準に至るまでの情報が、前頭前野に送られてくるのです。

集約された膨大な情報を前頭前野がまとめ、そのなかから必要な情報を選択して、さらにそれを目的に合わせて処理するという一連の働きを担っています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  2. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  3. 2016-2-8

    女子サッカー選手における女性特有のコンディション

    女子サッカー選手に限らず男性との性差、つまり女性特有のコンディションを理解して選手の健康管理を行うこ…
  4. 2016-1-16

    腱の機能解剖

    腱は筋と骨を結ぶ強靭な結合組織で、筋の収縮力を骨格へ効果的に伝達する。筋腱移行部では腱は筋細胞と…
  5. 2017-3-19

    ストレッチングによる柔軟性向上の短期および長期効果

    ストレッチングの効果に関して、システマティックレビューがいくつも行われており、短期的あるいは長期的な…
ページ上部へ戻る