前頭前野とは

大脳皮質の前頭葉の前方を広く占有している連合野を前頭前野といいます。

前頭前野は動物間では特にヒトで発達しています。

前頭前野を必要とする脳の機能は多く、多面的な領域ですが、そのなかでも行動の統合的な制御という働きは、多くの高次機能のなかでも中心的な位置を占めています。

前頭前野のなかでも、その外側の領域は、特に行動の制御系としての働きが重視されています。

前頭前野は脳のきわめて広範な部位から情報を集める位置にあります。

最も顕著なのは、大脳皮質連合野から集まる入力です。

大脳皮質には視覚・聴覚・体性感覚情報を統合する領域として、多くの連合野が、頭頂葉・側頭葉・後頭葉前方に存在しています。

情報は、それらの連合野から皮質間連合線維により、前頭前野に運ばれます。

さらに、大脳の内側面の連合野や、側頭葉の内側で海馬や扁桃核で処理された情報を集める連合野も前頭前野に情報を送ります。

他にも、視床からの情報やも視床の背内側核を中心とした部位から豊富に入力されます。

したがって、個体の周囲を取り巻く外界の状況がどのようなものかをまとめた情報はもとより、自分自身の状態や、自己の情動、欲求、さらには脳全体の覚醒水準に至るまでの情報が、前頭前野に送られてくるのです。

集約された膨大な情報を前頭前野がまとめ、そのなかから必要な情報を選択して、さらにそれを目的に合わせて処理するという一連の働きを担っています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  2. 2017-3-17

    バランス能力と姿勢制御戦略

    バランス能力に必要な条件は、支持基底面内に重心を溜め、支持基底面から外れた重心の位置を素早く戻す能力…
  3. 2015-12-2

    脂質摂取と代謝

    食物として脂質が摂取されると、小腸上皮から吸収されます。食物中の脂質はほとんど中性脂肪ですが、小…
  4. 2015-3-24

    運動前後の栄養補給

    今日は、運動前後の栄養補給について書いていきます。先日、お客様より「運動した後はどんな食事が…
  5. 2015-3-16

    遅発性筋肉痛は未だ謎だらけ

    不慣れな運動や激しい運動をすると筋肉痛が起きてしまいますが、これには急性のものと遅発性のものの二種類…
ページ上部へ戻る