前頭前野とは

大脳皮質の前頭葉の前方を広く占有している連合野を前頭前野といいます。

前頭前野は動物間では特にヒトで発達しています。

前頭前野を必要とする脳の機能は多く、多面的な領域ですが、そのなかでも行動の統合的な制御という働きは、多くの高次機能のなかでも中心的な位置を占めています。

前頭前野のなかでも、その外側の領域は、特に行動の制御系としての働きが重視されています。

前頭前野は脳のきわめて広範な部位から情報を集める位置にあります。

最も顕著なのは、大脳皮質連合野から集まる入力です。

大脳皮質には視覚・聴覚・体性感覚情報を統合する領域として、多くの連合野が、頭頂葉・側頭葉・後頭葉前方に存在しています。

情報は、それらの連合野から皮質間連合線維により、前頭前野に運ばれます。

さらに、大脳の内側面の連合野や、側頭葉の内側で海馬や扁桃核で処理された情報を集める連合野も前頭前野に情報を送ります。

他にも、視床からの情報やも視床の背内側核を中心とした部位から豊富に入力されます。

したがって、個体の周囲を取り巻く外界の状況がどのようなものかをまとめた情報はもとより、自分自身の状態や、自己の情動、欲求、さらには脳全体の覚醒水準に至るまでの情報が、前頭前野に送られてくるのです。

集約された膨大な情報を前頭前野がまとめ、そのなかから必要な情報を選択して、さらにそれを目的に合わせて処理するという一連の働きを担っています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  4. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  5. 2015-9-6

    姿勢保持と平衡運動反射

    種々の姿勢の保持、多様な運動の遂行は、重力の関係で、容易にも困難にもなります。自己の姿勢や運…
ページ上部へ戻る