パフォーマンスストラテジー

特定のスポーツに向けて、生理学的・心理的なストラテジーが用いられます。

パフォーマンスストラテジーでは、アスリートの特性(たとえば体格、身長、筋線維タイプ、不安レベル)が考慮に入れられます。

トレーニングに加え、遺伝的に受け継いだものも利用可能なストラテジーの1つであります。

そして、アスリートがどのようにそれらをパフォーマンスに統合し利用するかが成功の鍵となります。

特性のなかには身長のようにトレーニングできないものもありますが、各スポーツには競技特性すなわちゲームや競技のルールといった競技に特有の要素があります。

スポーツを分析してみると、ルールの変更によりその成功のための要素に変化が生じてきています。

たとえば、腰より下でのブロッキングを禁止したため、アメリカンフットボールでは身長の高いラインマンが有利になりました。

また、トップレベルでの男子100m走のタイムは10秒以下でありますが、このことによって成功へのストラテジーが明確に見えます。

たとえば、トップレベルのスプリンターには速筋の筋線維が必要不可欠であり、100mを10秒で走るアスリートが遅筋の筋線維を高い割合で持っていることはありえないのである。

生理学的・心理学的に競技特性に適合する能力をもったアスリートは、すべてのレベルで成功をおさめます。

競技がより高いレベルで行われるにつれ、要求されるストラテジーもさらに上がります。

しかし、多くのスポーツでは基礎的技術がしっかりしてさえいればアスリートとして成功します。

というのは、ほとんどのスポーツにでは成功のための要素が複雑に絡むので、ストラテジーの要素の1つを使うだけで成功をおさめることもあれば、同じスポーツでも異なる要素を使って成功する場合もあります。

たとえば、野球において背が高く、上・下肢ともに大きな筋肉を持ちパワフルであるプレーヤーと、身長は低く、筋肉の量は少ないが、すばらしい俊敏性を持つプレーヤーのいずれもが野球殿堂入りする可能性があります。

これは1人はホームランバッター、もう1人は守備力抜群でヒットをたくさん打つプレーヤーといった異なるストラテジーの要素が野球では通用するからです。

生理学的・心理学的能力を最大限に発揮するために、どのようなスポーツにおいてもアスリートは基礎的レベルの技術を習得しなければならないです。

トップレベルでは、パフォーマンスをそのレベルにまで引き上げるための独特なストラテジー、つまりはいくつかの特性およびそれらのコンビネーションを開発しなくてはならないです。

また、さまざまな可可能性の統合もトップレベルでは必要とされるので、あるアスリートはの成功を予測することは多くのスポーツにおいて難しいのです。

スポーツ特性および個人に適したトレーニングプログラムがコンディショニングには必要です。

もともと非常に発達した身体的・心理的能力持っているアスリートも、その能力をさらに高めパフォーマンスのレベルを上げるためにコンディショニングを用います。

トップレベルでは、けがの予防やけがからの復帰のためにさらに能力を高めることが、成功および長いキャリアを得るために必要です。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-15

    冬のほうが代謝が高いのはなぜ?

    ほとんど多くの人にとって寒いより暖かいほうが良いでしょうが、代謝という点で考えると実は寒いほうが良か…
  2. 2014-9-27

    脳の細胞

    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  3. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  4. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  5. 2015-4-25

    股関節のアライメント異状

    股関節は深い関節窩を持つ臼関節です。回転運動に関しては大きな可動性があるのに対して、並進運動につ…
ページ上部へ戻る