肺サーファクタントとは

肺には、サーファクタントという表面張力を低下させる脂質性物質が存在しています。

これは肺胞内面に薄く存在する液体中にあるリン脂質ジパルミトイルホスファルチジコリンと他の脂質およびタンパク質の混合物で、肺胞容積が小さい時に表面張力を低下させる働きがあります。

呼息にあたって肺胞が小さくなる時、その表面張力が十分に低くないと、肺胞は萎縮してしまいます。

これを守っているのが、サーファクタントです。

サーファクタントは特に出生時に重要な働きをします。

胎児は子宮内で呼吸運動をしますが、生まれるまでは肺は萎縮しています。

生まれおちると新生児は数回強い吸息運動を肺は膨張します。

その時にサーファクタントは肺が再び萎縮するのを防いでいます。

サーファクタントの欠乏は、新生児呼吸促迫症候群の原因となります。

これがサーファクタント生成系が働く前に生まれた新生児に起こる重篤な肺疾患であり、罹患児は肺胞表面張力が高く、肺の各所で肺胞が虚脱します。

この他、サーファクタントの欠如は、主気管支の閉鎖、一方の肺動脈の閉塞、長期にわたる100%O2の吸入に際して起こる呼吸障害の原因となり、また喫煙者ではサーファクタントが減少すると言われています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-12

    夜食を食べると太る!?

    食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜…
  2. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  3. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
  4. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  5. 2016-4-4

    手の開き(指の伸展)と筋の協調

    手の開きは、つかみの準備のために行われます。MPとIP関節を通る指の完全伸展に対する最大の抵…
ページ上部へ戻る