肺サーファクタントとは

肺には、サーファクタントという表面張力を低下させる脂質性物質が存在しています。

これは肺胞内面に薄く存在する液体中にあるリン脂質ジパルミトイルホスファルチジコリンと他の脂質およびタンパク質の混合物で、肺胞容積が小さい時に表面張力を低下させる働きがあります。

呼息にあたって肺胞が小さくなる時、その表面張力が十分に低くないと、肺胞は萎縮してしまいます。

これを守っているのが、サーファクタントです。

サーファクタントは特に出生時に重要な働きをします。

胎児は子宮内で呼吸運動をしますが、生まれるまでは肺は萎縮しています。

生まれおちると新生児は数回強い吸息運動を肺は膨張します。

その時にサーファクタントは肺が再び萎縮するのを防いでいます。

サーファクタントの欠乏は、新生児呼吸促迫症候群の原因となります。

これがサーファクタント生成系が働く前に生まれた新生児に起こる重篤な肺疾患であり、罹患児は肺胞表面張力が高く、肺の各所で肺胞が虚脱します。

この他、サーファクタントの欠如は、主気管支の閉鎖、一方の肺動脈の閉塞、長期にわたる100%O2の吸入に際して起こる呼吸障害の原因となり、また喫煙者ではサーファクタントが減少すると言われています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-25

    脳とコンピューターの処理の違い

    脳は、莫大な量の情報を絶えず処理しています。その大量の情報を脳はどうやって処理しているのでし…
  2. 2014-12-17

    筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

    トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。…
  3. 2015-5-28

    脊柱と骨盤の正常化

    スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。…
  4. 2015-4-15

    間脳の解剖 後編

    トルコ鞍という蝶形骨と後頭骨が縫合してできた骨の土台には下垂体が位置します。下垂体は他のさま…
  5. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
ページ上部へ戻る