肺サーファクタントとは

肺には、サーファクタントという表面張力を低下させる脂質性物質が存在しています。

これは肺胞内面に薄く存在する液体中にあるリン脂質ジパルミトイルホスファルチジコリンと他の脂質およびタンパク質の混合物で、肺胞容積が小さい時に表面張力を低下させる働きがあります。

呼息にあたって肺胞が小さくなる時、その表面張力が十分に低くないと、肺胞は萎縮してしまいます。

これを守っているのが、サーファクタントです。

サーファクタントは特に出生時に重要な働きをします。

胎児は子宮内で呼吸運動をしますが、生まれるまでは肺は萎縮しています。

生まれおちると新生児は数回強い吸息運動を肺は膨張します。

その時にサーファクタントは肺が再び萎縮するのを防いでいます。

サーファクタントの欠乏は、新生児呼吸促迫症候群の原因となります。

これがサーファクタント生成系が働く前に生まれた新生児に起こる重篤な肺疾患であり、罹患児は肺胞表面張力が高く、肺の各所で肺胞が虚脱します。

この他、サーファクタントの欠如は、主気管支の閉鎖、一方の肺動脈の閉塞、長期にわたる100%O2の吸入に際して起こる呼吸障害の原因となり、また喫煙者ではサーファクタントが減少すると言われています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  2. 2015-2-23

    「不定愁訴」に気をつけましょう。

    現代では、「身体がだるい」、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」など、「なんとなく体…
  3. 2014-11-22

    水分の摂取を考える。

    水は普段の生活においてはほとんど意識することなく摂取しているものであるが身体機能保持・調節においては…
  4. 2016-12-20

    行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期で…
  5. 2014-11-27

    脂肪の働きを考える!

    それは人類の歴史をさかのぼること数百万年、人類が原始時代を生き抜いていた頃からの話になります。そ…
ページ上部へ戻る