肺の機能解剖

両側の肺に入る空気の量(全肺気量)は、成人男性で4~5リットルといわれています。

最大限に空気を吸い込んで、吐き出した時の空気の量(肺活量)は3~4Lです。

つまり、肺の中の空気を精一杯は吐き出しでも、肺の中には1リットル程度空気が残っているのです。

そもそも肺とは、空気の出入りによって伸び縮みする、風船のような器官です。

肺単独で空気を取り込む能力はないのですが、風船のように弾力性があるため、膨らんだあとにちぢむ力を利用して空気を吐き出します。

肺がおさまる胸腔を大きくして肺を広げれば、鼻や口から吸い込まれた空気は気管を通して、肺の中へ空気が流れ込んできます。

気管は外径2㎝前後、長さ約10㎝ほどの管状の器官で、管がつぶれて空気の通り道が狭くならないように周囲が軟骨で補強されています。

気管は肺に入る直前で二つに枝分かれし、肺に入ったあとも分岐を繰り返し、その枝は分岐するたびに細くなっていきます。20回以上も分岐を繰り返したあと、最終的には0.1㎜程度まで細くなります。

分岐した気管支の末端には、肺胞がついていて肺胞で酸素と二酸化炭素の交換が行われるのです。

一つの肺方の大きさは、直径0.2㎜程度で、肺の約85%が肺胞でうめつくされていて、両肺を合わせて2~7億個の肺胞があるとされています。

肺胞の周りには毛細血管がはいりめぐらされていて、肺胞の壁を通して、ガス交換が行われます。

大量の肺胞は、空気と毛細血管がふれ合う表面積を増やしてガス交換の効率を高めています。

ガス交換は、心臓から肺に送られてくる血液は、全身の細胞によって酸素が消費されたあとの血液なので、血液に溶けている酸素の濃度は低く、二酸化炭素の濃度は高い、このような血液が、肺胞の壁を介して外から入ってくる空気とふれ合うと、酸素は空気中から血中へ、二酸化炭素は血中から空気中へと移動します。

これは、気体が高濃度の領域から低濃度の領域へと自然と移動する性質を利用して行われるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
  2. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  3. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  4. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
  5. 2016-5-31

    膝の関節周辺防御機構

    膝の関節周辺防御機構とは、主に3つの靭帯組織系によって構成されます。内側側副靭帯(MCL)、…
ページ上部へ戻る