代謝は大きく、基礎代謝、安静時代謝、活動時代謝に分けることができます。
基礎代謝とは、生命の維持に必要な最小限の代謝をいい、 安静時代謝は、椅子に安静に座っている状態で測り、基礎代謝より安静時代謝のほうが20%ほど高くなります。
安静時代謝が基礎代謝に比べ高い理由としては、座位による循環器への負荷と姿勢維持のための筋活動による増加分が加算される為と考えられています。

基礎代謝で考慮するべき点としては、基礎代謝を測るときには基本的に呼吸筋を除く骨格筋は弛緩しています。
そのため、基礎代謝は体温維持のための熱生産、神経系の活動、呼吸、循環、肝臓や腎臓の活動などによりますが、その60%近くは熱生産であるとされています。

弛緩している骨格筋は大部分弛緩しているので代謝を行っていないかというとそうではありません。
筋内に存在する脱共役タンパク質(UCP-3)というタンパク質の働きによっ て熱を生成し、ヒトの体熱生産のうちの約60%を担っていると考えられています。
つまり、骨格筋は基礎代謝のうちの約30%を担っていると推測されます。
残りの熱生産は、筋、 肝臓、腎臓、褐色脂肪細胞などでの熱生産になります。
これらはは、甲状腺ホルモンや交感神経の活動によって高まりますので、内分泌活性や自律神経活性も基礎代謝に影響を及ぼします。

一般成人男性では、基礎代謝量は1600kcal/日ほど、筋肉量は体重の約40%とされています。
体重60kgの場合、24 kgの筋で1600 kcalの30%、すなわち480 kcalを生成することになり、単純計算で筋肉1 kg当たり20 kcal/日程度のエネルギーを 消費すると推定されます。
つまり、レジスタンストレーニングによって筋肉量 を1 kg増やすと、基礎代謝量は20 kcal/日くらい増える勘定になります。
1日20kcalという数字は、期待するほど大きな数字ではないかもしれません。

しかしながら、生きていくうえでは筋肉は必要不可欠。
多ければいいってこともないと思いますが。
単純計算でははかれない要素がたくさんあると思いますし、しっかりトレーニングすることが必要ですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

    「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  2. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
  3. 2017-3-24

    健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあ…
  4. 2017-2-25

    対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

    素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの…
  5. 2016-12-23

    激しい運動に耐えるスポーツ心臓

    私たちの身体は与えられた刺激に応じて、それに適応する能力をもっています。心臓も同様に長時間高度な…
ページ上部へ戻る