ホルモンの働き

ホルモンは化学的にみると、ペプチドあるいはタンパク質系のものと、ステロイド系のものがあります。

前者には、膵臓から分泌されるインスリンとグルカゴン、脳下垂体前葉からの各種ホルモンなど多種類あり、後者には性腺ホルモンや副腎皮質ホルモンがあります。

この他、副腎髄質のアドレナリンはフェノール系で、プロスタグランジンは脂肪酸由来になります。

ホルモンはごく僅かな量で働きます。

たとえば、性ホルモンのエストロゲンは、約0.1μgを2〜3ヶ月続けて注射すれば、発情能力を失った雌のマウスを発情状態にすることができます。

ホルモンの特徴は、カギとカギ穴のように特定の標的器官のみ働くことです。

ホルモンが微量で標的器官のみに働くのは、そのホルモンと特異的に結合する受容体が標的器官の細胞のみ存在するためであることが分かっています。

タンパク質系のホルモンは細胞膜を通過できないため、受容体は細胞膜上に存在します。

ホルモンと細胞膜上の受容体が結合するとその情報がGタンパク質やcAMP(サイクリックAMP)など第2、第3の情報伝達物質を介して細胞内へ伝えられ、細胞の活動が変化します。

一方、ステロイド系のホルモンは細胞膜を通過できるため、受容体は細胞質に存在し、ホルモンと結合した受容体は核へと移行します。

いずれの場合にも、ホルモンは受容体をもつ細胞の遺伝子に作用して、その発現を変化させると考えられます。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  2. 2015-5-30

    核内受容体PPARγと肥満の関係

    肝臓は、糖質および脂質代謝を担う主要な組織であり、エネルギー代謝の中心的役割を担う組織です。…
  3. 2015-6-22

    リクルートメントとレートコーディング

    筋肉の収縮は興奮収縮連関によって生じ、運動単位は筋収縮の基本単位となります。ある特定の筋の収縮力…
  4. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
  5. 2017-2-14

    持久力の種類

    ひとくちに持久力といってもいくつかの種類があります。1つは、「有酸素性持久力」であり、これは…
ページ上部へ戻る