ホルモンの働き

ホルモンは化学的にみると、ペプチドあるいはタンパク質系のものと、ステロイド系のものがあります。

前者には、膵臓から分泌されるインスリンとグルカゴン、脳下垂体前葉からの各種ホルモンなど多種類あり、後者には性腺ホルモンや副腎皮質ホルモンがあります。

この他、副腎髄質のアドレナリンはフェノール系で、プロスタグランジンは脂肪酸由来になります。

ホルモンはごく僅かな量で働きます。

たとえば、性ホルモンのエストロゲンは、約0.1μgを2〜3ヶ月続けて注射すれば、発情能力を失った雌のマウスを発情状態にすることができます。

ホルモンの特徴は、カギとカギ穴のように特定の標的器官のみ働くことです。

ホルモンが微量で標的器官のみに働くのは、そのホルモンと特異的に結合する受容体が標的器官の細胞のみ存在するためであることが分かっています。

タンパク質系のホルモンは細胞膜を通過できないため、受容体は細胞膜上に存在します。

ホルモンと細胞膜上の受容体が結合するとその情報がGタンパク質やcAMP(サイクリックAMP)など第2、第3の情報伝達物質を介して細胞内へ伝えられ、細胞の活動が変化します。

一方、ステロイド系のホルモンは細胞膜を通過できるため、受容体は細胞質に存在し、ホルモンと結合した受容体は核へと移行します。

いずれの場合にも、ホルモンは受容体をもつ細胞の遺伝子に作用して、その発現を変化させると考えられます。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  2. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  3. 2014-11-6

    ”腰(コシ)”は身体の要

    腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
  4. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
  5. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
ページ上部へ戻る