腱は骨格筋と骨を結び付けている強靭な結合組織で、筋収縮によって得られたエネルギーは腱によって骨に伝えられます。

腱は膠原線維がほとんどで筋肉のような伸縮性はないため、外傷や急激な筋の収縮で引き伸ばされると断裂が起こります。

アキレス腱断裂が代表的ですが、その他に手指の腱や、肩鍵板、上腕二頭筋の長頭腱、膝蓋腱で効発します。

原因としては、スポーツ外傷や骨折にともなうほか、退行変性、関節リウマチ、化膿性炎症などによって腱が弱くなって切れる病的断裂があります。

切創などによる開放性の断裂と、創がなくて生じる閉鎖性の断裂(皮下断裂)があり、断裂の過程により、腱全体離脱した完全断裂と一部だけが切れる部分断裂とに分解されます。

断裂部は鋭利に切断される場合と筆状に縦に引き裂かれる場合があり、特に慢性的な腱の炎症があると筆状のような断裂になります。

症状として、疼痛、皮下の陥凹、圧通、腫脹、内出血などが生じます。

アキレス腱断裂では、断裂部の皮下の陥凹に触れると、同時に圧痛がみられます。

検査・診断は一般的に整形外科テストや超音波検査、MRI検査を行い、視・触診、整形外科的テスト、画像所見から総合的に診断すします。

治療では、装具を用いて腱の修復を目指す保存療法と断裂した腱の修復の手術療法がありますが、受傷直後にRICE処置を行うことが重要です。

保存療法か手術療法かは断裂を生じた部位や損傷状態、年齢、基礎疾患などの患者背景に基いて選択されます。

また早期から適切なリハビリテーションを行うことが大事です。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  2. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
  3. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  4. 2015-2-9

    マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られる…
  5. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
ページ上部へ戻る