棘上筋と腱板症候群

棘上筋はおそらく肩関節複合体を全体で最も頻繁に使用されている筋であろうと推測されます。

外転の際の三角筋の補助という役割に加えて、肩甲上腕関節の動的安定性、また、静的安定性にも関与しています。

バイオメカニクス的には、棘上筋はごく普通の日常活動においても、内在的なストレスの標的となります。

棘上筋における肩外転時の内的モーメントアームは、25mmであるため、手が肩甲上腕関節から50cm遠位にあってその負荷が支持されていると仮定すると、その際の力学的有利性は1:20となります。

この数値は、棘上筋が重量負荷に対して20倍の力で働く必要があることを意味しています。

棘上筋への過剰な摩耗は腱板を構成する他の筋の過剰な摩耗と関連しています。

こういった症状をまとめて、腱板症候群と呼ばれます。

外傷、オーバーユース、反復される烏口肩峰靭帯、肩峰、関節窩周辺に対するインピンジメントなど多くの要因がその発生に関わります。

症状としては、腱板構成筋群の部分的あるいは完全な肥厚性断裂や炎症、肩鎖関節の変形性関節症、疼痛、肩全体の脱力感が含まれます。

棘上筋は、その血行の不良と加齢変化が加わると、さらに変性にさらされやすくなります。

腱板症候群の重症度次第で肩甲上腕関節での関節包内運動は完全に阻害され、肩に炎症と痛みを生じ、その結果、自動、他動的な運動は制限された非可動状態に陥ります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-29

    進化から考える股関節伸展機構

    脊椎動物のなかで初めて地上に進出したのは爬虫類です。その中でも恐竜(大爬虫類)は絶滅していき…
  2. 2014-10-13

    同化・異化とは何か 〜代謝を考える〜

    蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
  3. 2015-3-23

    感覚としてのカラダ

    感覚器官は外界の情報をキャッチし、逃げる、捕まえるといった生存に必要な動きを能率よく実行するのに役立…
  4. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  5. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
ページ上部へ戻る