相反性抑制と反回抑制

関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。

例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭筋のような伸筋群と上腕二頭筋などの屈筋群です。

伸筋どうし、あるいは屈筋どうしのように同じ働きをする筋どうしを共同筋、伸筋に対して屈筋のように反対の働きをする筋を拮抗筋と呼びます。

ある筋が能動的に興奮・収縮するとき、これを主働筋と呼び、主動筋の活動の際にその拮抗筋が抑制される機構を相反性抑制と呼びます。

この仕組が働かない場合、主動筋の収縮により拮抗筋は伸展されて筋伸張反射による収縮を生じ、目的とされる働きが妨げることになります。

主動筋活動と拮抗筋抑制をまとめて相反神経支配といいます。

筋紡錘から一次終末からの情報を求心性に伝えるIa群線維は、同名筋・共同筋運動ニューロンと単シナプス性の興奮性結合をするとともに、拮抗筋運動ニューロンへも1個の介在ニューロンを介して2シナプス性抑制結合をもちます。

この介在ニューロンはIa抑制ニューロンと呼ばれ、脊髄前角に存在する運動ニューロンプールのすぐ背内側に接して存在しています。

このニューロンは上位脳からも運動ニューロンと同様の支配を受けており、随意収縮の際にみられる相反性抑制の発現に積極的に利用されることが分かっています。

骨格筋を支配するα運動ニューロンは軸索側枝をその腹内側に接する位置にある抑制性の介在ニューロンと連絡させ、自らとIa抑制ニューロンを抑制します。

自らにもどる閉じたループを形成しているので反回抑制と呼ばれます。

これは、α運動ニューロン活動が限度を超えた場合に筋伸張反射活動に負のフィードバックをかけて過剰な活動を抑える働きがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  2. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
  3. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
  4. 2017-4-22

    大きい筋肉ほど回復が遅く、小さい筋肉ほど回復が早い

    トレーニングのプログラムを分割する場合は、トレーニング部位によって回復期間に差があることを考えないと…
  5. 2015-2-25

    脳とコンピューターの処理の違い

    脳は、莫大な量の情報を絶えず処理しています。その大量の情報を脳はどうやって処理しているのでし…
ページ上部へ戻る