相反性抑制と反回抑制

関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。

例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭筋のような伸筋群と上腕二頭筋などの屈筋群です。

伸筋どうし、あるいは屈筋どうしのように同じ働きをする筋どうしを共同筋、伸筋に対して屈筋のように反対の働きをする筋を拮抗筋と呼びます。

ある筋が能動的に興奮・収縮するとき、これを主働筋と呼び、主動筋の活動の際にその拮抗筋が抑制される機構を相反性抑制と呼びます。

この仕組が働かない場合、主動筋の収縮により拮抗筋は伸展されて筋伸張反射による収縮を生じ、目的とされる働きが妨げることになります。

主動筋活動と拮抗筋抑制をまとめて相反神経支配といいます。

筋紡錘から一次終末からの情報を求心性に伝えるIa群線維は、同名筋・共同筋運動ニューロンと単シナプス性の興奮性結合をするとともに、拮抗筋運動ニューロンへも1個の介在ニューロンを介して2シナプス性抑制結合をもちます。

この介在ニューロンはIa抑制ニューロンと呼ばれ、脊髄前角に存在する運動ニューロンプールのすぐ背内側に接して存在しています。

このニューロンは上位脳からも運動ニューロンと同様の支配を受けており、随意収縮の際にみられる相反性抑制の発現に積極的に利用されることが分かっています。

骨格筋を支配するα運動ニューロンは軸索側枝をその腹内側に接する位置にある抑制性の介在ニューロンと連絡させ、自らとIa抑制ニューロンを抑制します。

自らにもどる閉じたループを形成しているので反回抑制と呼ばれます。

これは、α運動ニューロン活動が限度を超えた場合に筋伸張反射活動に負のフィードバックをかけて過剰な活動を抑える働きがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
  2. 2014-9-27

    脳の細胞

    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  3. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
  4. 2015-7-6

    細胞呼吸とは

    細胞内では、炭水化物、脂肪、タンパク質などの有機化合物を分解し、そのときに生じたエネルギーをATPの…
  5. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
ページ上部へ戻る