グリア細胞について考える

脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなります。

神経本来の働きはニューロンが担っているため、ニューロンに比べるとグリア細胞の注目度は低い傾向にあります。

そればかりか、狂牛病やハンチントン病、アルツハイマーやパーキンソン病にも関連があるとして悪者扱いされることもしばしばです。

しかし、グリア細胞は栄養細胞や支持組織、髄鞘の形成、食作用など多様な働きを持ち、シナプス可塑性やグルタミン酸の代謝、血液脳関門などニューロンの活動環境を整え、陰で支えているのです。

グリア細胞は、大きく2種類に分けられます。

大型のグリア細胞マクログリアと小型のグリア細胞ミクログリアです。

マクログリアは更にアストロサイト(星状膠細胞)とオリゴデンドロサイト(希突起膠細胞)とに分けられます。

この他、NG2細胞というニューロンとグリア細胞の中間の性質をもつ細胞もあります。

まずアストロサイトですが、これは脳内の基礎的な働きを支えており、「ニューロンへの栄養供給」「ニューロン損傷時の修復因子の産生と遊離」「神経伝達物質の除去」「血流量調節」「血液脳幹基しての脳に入り込む分子の選択」「ニューロンの興奮性の維持」などがあり、これらがないと脳は働くことが出来ません。

また、アインシュタインの脳は、同年齢のヒトの脳とほとんど変わりはありませんでしたが、前頭連合野と後頭連合野のアストロサイトの数は、他の脳よりも多かったという報告もあります。

他の研究者の検証では同様の結果が得られなかったことから信頼性は低いですが、アストロサイトが知能と関与している可能性も無くはないと言えます。

次にオリゴデンドロサイトですが、これは髄鞘の形成により軸索の絶縁、ランビエ絞輪での跳躍伝導と軸索の伝導効率の向上に働いています。

神経線維には有髄線維と無髄線維がありますが、このオリゴデンドロサイトやシュワン細胞が巻き付いている線維が有髄線維で高速の伝導が可能です。

たとえば無髄線維である自律神経節後線維は伝導速度が毎秒0.5〜2mですが、有髄線維であるα運動ニューロンや筋紡錘からの求心性神経などは毎秒70〜120mにも上ります。

時速に直すと新幹線くらいの速度です。

最後はミクログリアです。

ミクログリアは主に、食作用を担います。

身体の免疫反応は、まず最初にマクロファージが体外から入ってきた菌や異常な物質を貪食しますが、脳内にマクロファージは入って来ることはできないため、ミクログリアがそれを担います。

また、死んでしまったニューロンを掃除するのもミクログリアの役割です。

脳に何らかの障害が起きて、ニューロンに異変が起きたとき、そこを掃除するのが役目ですから、そこにはミクログリアが密集することになります。

そういった背景からその病変の原因なのではないかと言われることもあります。

ただそれはあくまでも周りに被害が広がらないようにするためであり、その後の修復に関わるのもミクログリアです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-16

    東洋医学でいう五臓とは?

    東洋医学と西洋医学では、人体の内臓器官の表現が異なります。東洋医学の臓器名称は、単純に臓器を示す…
  2. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  3. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
  4. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
  5. 2015-8-14

    ストレスと自己防衛

    ストレスが加わると、神経系・内分泌系・免疫系に変化が生じ、これらが相互に密接な関係を保ちつつ、脳の制…
ページ上部へ戻る