半月板の構造

半月板は脛骨高原に位置し、生下時には膝窩動脈によって栄養されていますが、成長とともに血流が乏しくなり、成人においては関節包より10~30%の部分のみが血流を有します。
半月板は上面がわずかにくぼんでおり、大腿骨と脛骨の関節面の適合性を増し、荷重を分散することに寄与しています。
半月板はまたクッションとしての役割を果たしています。

内・外側半月板はそれぞれ膝関節の動きにともなって多様な動きを呈します。
どちらの半月板も横靭帯によって脛骨前面にしっかりと固定されています。
しかしながら、内側半月板が関節包により強固に固定されているのに対して、外側半月板の固定性は脆弱です。
その結果、膝の動きにともなって、内側半月板が脛骨上を2~5mm移動するのに対して、外側半月板の移動量は9~11mmとされています。

大腿骨は膝の動きによって異なる面で半月板と接地します。
膝の屈曲に伴い、より後方で接地するのに対して、膝伸展ではより前方で接地するようになると言われています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-27

    アクションポテンシャル

    ニューロンを含むすべての細胞は細胞膜で囲まれている。細胞膜には様々なイオンを選択的に通すイオンチ…
  2. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
  3. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  4. 2015-5-20

    紫外線に注意!

    暑さも増し、日焼けをした方もいるかと思います。日焼けは、太陽光のなかで「紫外線によって皮膚が…
  5. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
ページ上部へ戻る