半月板の構造

半月板は脛骨高原に位置し、生下時には膝窩動脈によって栄養されていますが、成長とともに血流が乏しくなり、成人においては関節包より10~30%の部分のみが血流を有します。
半月板は上面がわずかにくぼんでおり、大腿骨と脛骨の関節面の適合性を増し、荷重を分散することに寄与しています。
半月板はまたクッションとしての役割を果たしています。

内・外側半月板はそれぞれ膝関節の動きにともなって多様な動きを呈します。
どちらの半月板も横靭帯によって脛骨前面にしっかりと固定されています。
しかしながら、内側半月板が関節包により強固に固定されているのに対して、外側半月板の固定性は脆弱です。
その結果、膝の動きにともなって、内側半月板が脛骨上を2~5mm移動するのに対して、外側半月板の移動量は9~11mmとされています。

大腿骨は膝の動きによって異なる面で半月板と接地します。
膝の屈曲に伴い、より後方で接地するのに対して、膝伸展ではより前方で接地するようになると言われています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  2. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
  3. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  4. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
  5. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
ページ上部へ戻る