寒冷療法とその効果

寒冷療法は氷やその他の冷却装置を用いて、組織損傷に伴う出血、浮腫、筋肉の痙攣、疼痛などの悪影響を減少させる目的を持ちます。

RICEの原則を受傷後直ちに行うと、血管を収縮させ、また組織の代謝を低下させます。
このことにより、炎症や浮腫を最小限に抑えることが可能となります。
局所の血行と代謝を減少させることは、代謝産物の放出を抑制し組織損傷の進展を最小限にすることができます。

冷やす際の温度や時間、範囲そして選手の体格によって冷却作用の組織深達度が決まります。
冷却すると皮膚温は急速に低下しますが、より深い組織における冷却効果の指標にはならないと言われています。
ある研究では、人体においては氷嚢を20分間使うと20℃以上の皮膚温の低下が起こると報告していますが、人の下腿を用いた研究では皮下1.7cmの深さではわずか4℃しか温度が低下しないといった報告もあります。
さらに肩関節および肩峰下の領域においては、クライオカフを用いて90分間冷却しても、温度の低下はほとんどおこらないという報告もあるくらいです。
このことからも、寒冷療法を行っても2cm以上の深い組織では温度変化があまり起こらないを頭に入れておく必要があるかもしれません。

冷却ですが、目的とする組織の深さと大きさによって何を用いて冷却するかを決めることになります。
膝蓋腱などの小さい範囲であれば、アイスマッサージなどで対応できますが、広い範囲の場合には渦流浴などを用いたほうがよいという報告もあります。
アイスマッサージでは氷を直接皮膚につけて5~7分間当てて行うことが一般的でありますし、冷水浴では患部を15℃程度の水につけることで冷却を行っていきます。

icing-a-running-injury-quick-tip
ある研究では、アイスマッサージ、氷嚢どちらでも筋肉内の温度を下げることに有効であると証明しており、アイスマッサージのほうがより時間的効率がよいとしています。
このことからも、目的とする範囲が小さい場合で疼痛や炎症を抑える目的には、アイスマッサージのほうが効果的で効率のよい方法と考えることができるのではないでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  2. 2015-7-14

    野生動物から考えるヒトの運動と栄養と休養

    野生の動物は、生命維持に必要なエネルギーを獲得するため、狩りという運動を行い、その結果、食事にありつ…
  3. 2015-5-15

    ADLを考える。

    ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。…
  4. 2017-3-18

    バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60…
  5. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
ページ上部へ戻る