膝窩筋は膝関節のキーとなる。

膝窩筋は、膝関節の重要な内旋・屈曲筋です。

内旋筋として膝窩筋は膝関節のキーとなる筋と考えられます。

伸展ロックされた膝関節が屈曲の準備をするとき、たとえばスクワット肢位へ下降しはじめるときですが、膝窩筋は重要な内旋トルクを発生して膝関節のロックを解除するのを助けます。

大腿骨上の脛骨の伸展とわずかな外旋の組み合わせで膝関節はロックされることを考えると、たとえば、膝のロックを解除し、スクワット肢位へ屈曲させるには、大腿骨が比較的固定された脛骨上でわずかに外旋する必要があります。

膝窩筋が大腿骨を外旋、膝関節を内旋させる能力は、膝関節を後方で斜走する膝窩筋の力線を見れば明らかです。

膝窩筋の斜めの力線は膝関節伸展位での回旋トルクを生み出すように膝関節屈筋の最適なてこを与えています。

ほかの膝関節屈筋の力線は、膝関節が伸展位のときはほぼ垂直であり、それらの軸回旋トルクの能力を非常に小さくしています。

ロックされた膝関節が内旋しはじめるためのてこを高める作用を膝窩筋が有しているので、膝関節のキーとなる筋と言われています。

膝窩筋のもう一つの重要な機能は、膝関節の外側と内側の両方を動的に安定させることを補助していることです。

膝窩筋の強力な関節包内膜は膝関節への過度の外側の減速と制限によって内側の膝関節を安定させています。

この活動は、遠心性収縮によって行われ、内側側副靭帯や後内側関節包や前十字靭帯へのストレスを減らしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  2. 2015-9-27

    運動後の筋疲労回復としての軽運動

    運動に疲労はつきものです。運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れら…
  3. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  4. 2014-9-27

    発語「しゃべる」という能力って?

    ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  5. 2015-6-14

    神経系と下行性伝導路

    下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
ページ上部へ戻る