膝窩筋は膝関節のキーとなる。

膝窩筋は、膝関節の重要な内旋・屈曲筋です。

内旋筋として膝窩筋は膝関節のキーとなる筋と考えられます。

伸展ロックされた膝関節が屈曲の準備をするとき、たとえばスクワット肢位へ下降しはじめるときですが、膝窩筋は重要な内旋トルクを発生して膝関節のロックを解除するのを助けます。

大腿骨上の脛骨の伸展とわずかな外旋の組み合わせで膝関節はロックされることを考えると、たとえば、膝のロックを解除し、スクワット肢位へ屈曲させるには、大腿骨が比較的固定された脛骨上でわずかに外旋する必要があります。

膝窩筋が大腿骨を外旋、膝関節を内旋させる能力は、膝関節を後方で斜走する膝窩筋の力線を見れば明らかです。

膝窩筋の斜めの力線は膝関節伸展位での回旋トルクを生み出すように膝関節屈筋の最適なてこを与えています。

ほかの膝関節屈筋の力線は、膝関節が伸展位のときはほぼ垂直であり、それらの軸回旋トルクの能力を非常に小さくしています。

ロックされた膝関節が内旋しはじめるためのてこを高める作用を膝窩筋が有しているので、膝関節のキーとなる筋と言われています。

膝窩筋のもう一つの重要な機能は、膝関節の外側と内側の両方を動的に安定させることを補助していることです。

膝窩筋の強力な関節包内膜は膝関節への過度の外側の減速と制限によって内側の膝関節を安定させています。

この活動は、遠心性収縮によって行われ、内側側副靭帯や後内側関節包や前十字靭帯へのストレスを減らしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-4

    手の開き(指の伸展)と筋の協調

    手の開きは、つかみの準備のために行われます。MPとIP関節を通る指の完全伸展に対する最大の抵…
  2. 2015-5-18

    肥満と神経ヒスタミン

    ヒスタミンは広く知られているところで、花粉症のくしゃみなどアレルギー症状の原因になる物質です。…
  3. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  4. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
  5. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
ページ上部へ戻る