痛みとは

痛みは、痛み刺激(侵害刺激)が侵害受容器によって活動電位に変換されたうえ、末梢求心神経線維軸索上を伝達され、さらにその情報が脊髄、視床を経て、大脳皮質まで伝達されて痛みとして感じられます。

炎症や組織損傷部位において痛覚過敏が起こることはよく知られていますが、その機構にこの侵害受容器の反応性の増大(感作)が関わっています。

侵害受容器には、数種類あります。

機械的侵害刺激に応ずる興奮しにくい高閾値機械受容器、熱刺激に応ずる高閾値の熱侵害受容器・冷侵害受容器、および侵害性をもつ機械的刺激、熱刺激および化学的刺激のいずれにも反応する多種侵害受容器(ポリモーダル侵害受容器)があります。

皮膚にはこれらの侵害受容器がすべて存在し、筋や内臓ではポリモーダル侵害受容器が多数を占めます。

痛覚系は大別して、時間的・空間的に識別性の高い一次痛の経路と、持続性は高いですが部位ののはっきりしない二次痛の経路の2系統に分けられます。

前者はチクッとした痛みの系で、高閾値機械受容器からの入力が脊髄視床路を直行して視床の外側部、大脳皮質に情報を伝えます。

後者はズーンとした痛みの系で、ポリモーダル侵害受容器などの入力と痛覚とは無関係の受容器の入力を合わせて入力し、脊髄ニューロンから延髄・中脳を介して視床の内側部に投射します。

二次痛の系は身体の基本的な機能の調節にあたる中枢の色々な部位にシナプスを形成し、自律神経系や運動神経系など基本的な身体機能の調節系に対して反射性修飾作用をもつだけではなく、精神機能も含めた全身機能に作用します。

侵害刺激は侵害受容器を物理的に興奮させる一方で、組織損傷やそれに続く炎症によりさまざまな内因性発痛物質をを損傷・炎症部位に産生します。

内因性発痛物質には、ブラジキニン、セロトニン、ヒスタミン、K+、H+のように侵害受容器を興奮させて痛みを起こすような物質や、プロスタグランジン、ロイコトリエンのように侵害受容器の感受性を高めて発痛増強作用を示す物質、その両方を示す物質などがあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-12

    腰部周辺の筋の評価

    今回は『腰まわりの筋肉の状態』について書いていきます。[柔軟性・筋力・感覚]腰痛の人…
  2. 2015-2-22

    運動をする時間帯とそのパフォーマンスについて

    運動を実施する時間帯とそのパフォーマンスには相関するものがあるでしょうか?被験者に1時間ごと…
  3. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
  4. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  5. 2017-2-7

    筋肉トレーニングをスポーツで活かすために

    スポーツのパフォーマンスをアップするためには、スポーツの動きを再現した専門的トレーニングを行っていく…
ページ上部へ戻る