視覚と運動  

運動において、視覚から情報は非常に重要な役割を持ちます。

視覚系の基礎となるのは、眼球とその光学系であり、感光器として網膜が働きます。

網膜で発生したインパルスは、視索、外側膝状体、視放線を経て、後頭葉の視覚中枢に至ります。

そのほかに、視覚線維は、外側膝状体から外側視床、腹側視床、上丘、視蓋前核などへ至る経路、視索から上丘へ至る経路、視索から脳幹視蓋前核へ至る経路などがあります。

運動との関連では、中心視覚かと周辺視覚との区分が重要です。

前者は、眼前の狭い空間のものを知覚し、その詳細を知り、微細運動の制御を行うのに役立ちます。

後者は、身体周囲の空間にある物の位置や運動の情報を伝えます。

外側膝状体から視覚中枢へ至る系は、主に中心視覚に関係します。

視索から上丘や中脳へ至る系は周辺視覚に関与して、視標追跡運動の制御の主要な経路となります。

これらは、運動計画用と、運動制御用の視覚情報では、機能的に異なる視覚系を利用しているということが伺えます。

また、視覚は姿勢の安定にも関与します。

閉眼立位では身体動揺が開眼立位の50%以上も大きくなります。

速い身体動揺は、主に三半規管で制御されています。

遅い身体動揺は、視覚と卵形嚢で制御されるため、振幅の大きい遅い身体動揺になります。

外界の対象が動くと、はじめは対象の運動として知覚しますが、次第に自分が逆方向へ動いていると感じるようになり、体幹を対象の運動方向と同じほうへ傾けます。

この現象は、わずかな視覚的運動でも起こります。

視覚の姿勢制御への影響は、幼児期には、特に大きくなります。

視覚の姿勢平衡への作用は、1歳以後に現れ、成人になると、その影響力は減少します。

視覚による動的姿勢のバランス制御も重要であり、暗闇で凹凸の道を走ることはできません。

階段を下降するときの下肢筋群の活動のタイミングも、視覚による予期的運動制御が行われていることを示しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-30

    トリガーポイントという概念

    日常生活を送っていると、特に何かをしたわけじゃないのに体が痛い、調子がよくない、というようなことがよ…
  2. 2017-3-13

    高齢者における筋力エクササイズ

    加齢により筋骨格量は減少し、筋力低下を引き起こすことはよく知られています。加齢による筋力低下…
  3. 2017-1-23

    ムーブメントディレクション

    「ムーブメントディレクション」とは、トレーニング動作の方向を意味します。トレーニングでは種目によ…
  4. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  5. 2015-8-10

    小脳・脳幹・脊髄と随意運動

    小脳は大脳の後下方に位置します。水平方向に走る溝によって前葉、後葉、片葉小節葉に分けられ、垂…
ページ上部へ戻る