視覚と運動  

運動において、視覚から情報は非常に重要な役割を持ちます。

視覚系の基礎となるのは、眼球とその光学系であり、感光器として網膜が働きます。

網膜で発生したインパルスは、視索、外側膝状体、視放線を経て、後頭葉の視覚中枢に至ります。

そのほかに、視覚線維は、外側膝状体から外側視床、腹側視床、上丘、視蓋前核などへ至る経路、視索から上丘へ至る経路、視索から脳幹視蓋前核へ至る経路などがあります。

運動との関連では、中心視覚かと周辺視覚との区分が重要です。

前者は、眼前の狭い空間のものを知覚し、その詳細を知り、微細運動の制御を行うのに役立ちます。

後者は、身体周囲の空間にある物の位置や運動の情報を伝えます。

外側膝状体から視覚中枢へ至る系は、主に中心視覚に関係します。

視索から上丘や中脳へ至る系は周辺視覚に関与して、視標追跡運動の制御の主要な経路となります。

これらは、運動計画用と、運動制御用の視覚情報では、機能的に異なる視覚系を利用しているということが伺えます。

また、視覚は姿勢の安定にも関与します。

閉眼立位では身体動揺が開眼立位の50%以上も大きくなります。

速い身体動揺は、主に三半規管で制御されています。

遅い身体動揺は、視覚と卵形嚢で制御されるため、振幅の大きい遅い身体動揺になります。

外界の対象が動くと、はじめは対象の運動として知覚しますが、次第に自分が逆方向へ動いていると感じるようになり、体幹を対象の運動方向と同じほうへ傾けます。

この現象は、わずかな視覚的運動でも起こります。

視覚の姿勢制御への影響は、幼児期には、特に大きくなります。

視覚の姿勢平衡への作用は、1歳以後に現れ、成人になると、その影響力は減少します。

視覚による動的姿勢のバランス制御も重要であり、暗闇で凹凸の道を走ることはできません。

階段を下降するときの下肢筋群の活動のタイミングも、視覚による予期的運動制御が行われていることを示しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-26

    アスリートの為のプロテイン摂取

    プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラ…
  2. 2017-1-28

    トルクコントロール

    トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」で…
  3. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
  4. 2014-12-27

    肩こりに効く経穴「肩井」

    慢性的に肩凝りの方、普段は感じないのにパソコン作業が長時間続いたりすると肩が凝る方、今の季節だと寒さ…
  5. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
ページ上部へ戻る