視覚と運動  

運動において、視覚から情報は非常に重要な役割を持ちます。

視覚系の基礎となるのは、眼球とその光学系であり、感光器として網膜が働きます。

網膜で発生したインパルスは、視索、外側膝状体、視放線を経て、後頭葉の視覚中枢に至ります。

そのほかに、視覚線維は、外側膝状体から外側視床、腹側視床、上丘、視蓋前核などへ至る経路、視索から上丘へ至る経路、視索から脳幹視蓋前核へ至る経路などがあります。

運動との関連では、中心視覚かと周辺視覚との区分が重要です。

前者は、眼前の狭い空間のものを知覚し、その詳細を知り、微細運動の制御を行うのに役立ちます。

後者は、身体周囲の空間にある物の位置や運動の情報を伝えます。

外側膝状体から視覚中枢へ至る系は、主に中心視覚に関係します。

視索から上丘や中脳へ至る系は周辺視覚に関与して、視標追跡運動の制御の主要な経路となります。

これらは、運動計画用と、運動制御用の視覚情報では、機能的に異なる視覚系を利用しているということが伺えます。

また、視覚は姿勢の安定にも関与します。

閉眼立位では身体動揺が開眼立位の50%以上も大きくなります。

速い身体動揺は、主に三半規管で制御されています。

遅い身体動揺は、視覚と卵形嚢で制御されるため、振幅の大きい遅い身体動揺になります。

外界の対象が動くと、はじめは対象の運動として知覚しますが、次第に自分が逆方向へ動いていると感じるようになり、体幹を対象の運動方向と同じほうへ傾けます。

この現象は、わずかな視覚的運動でも起こります。

視覚の姿勢制御への影響は、幼児期には、特に大きくなります。

視覚の姿勢平衡への作用は、1歳以後に現れ、成人になると、その影響力は減少します。

視覚による動的姿勢のバランス制御も重要であり、暗闇で凹凸の道を走ることはできません。

階段を下降するときの下肢筋群の活動のタイミングも、視覚による予期的運動制御が行われていることを示しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
  2. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
  3. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  4. 2015-2-15

    冬のほうが代謝が高いのはなぜ?

    ほとんど多くの人にとって寒いより暖かいほうが良いでしょうが、代謝という点で考えると実は寒いほうが良か…
  5. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
ページ上部へ戻る