腱の生理学的機能

腱の多様な力学的および生理学的特性について考えてみるといくつかの主要な機能が見えてきます。

まずもっともわかりやすい1つの機能としては、筋を骨に結合する役割です。
これが腱機能を考える上では絶対に外せないものになります。

その上でいくつかの腱の機能がみえてきます。

例えば、腱のもつコンプライアンスのために、腱は衝撃がかかったときの長さの変化を吸収し、筋を低速度で伸張させてくれます。
このことが、筋にかかる張力えお減少させ、筋の損傷を防いでいる可能性があるとされています。
つまり、腱は筋の応力ーひずみ曲線の高コンプライアンス領域で生理学的に機能するといえます。

また、この腱のコンプライアンスは無限ではなく、制限のあるものなので、腱は筋ー腱複合体の機能的な可動範囲を拡大させます。
これにより、筋収縮中のサルコメアは短縮できることになりますし、受動張力を吸収するために伸長させることも可能となるのです。

またこのような伸張ー短縮のサイクルにおいて、大きな力が腱に加わり、腱は伸張されます。
これに引き続く筋の短縮は腱に蓄えられた弾性エネルギーの放出を伴います。
これが筋の収縮のエネルギー効率を高めることにも寄与していきます。
さらに、収縮後、腱が元に戻り、筋ー腱複合体の長さの一部を腱が受け持つことによって、筋線維収縮速度が低下し、このため筋の張力発揮能力を高く保つことができるとされています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-12

    トレーニングは大筋群などから先に行う

    トレーニング種目を選択したら、種目の順番を考えます。行う順序にはいくつかのポイントがあります…
  2. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  3. 2015-10-13

    脊髄に内在する中枢パターン発生器 ーCentral pattern generatorー

    運動における大脳皮質の貢献は、運動出力の生成そのものに対してはさほど高くないと解釈するのが妥当とされ…
  4. 2015-5-20

    紫外線に注意!

    暑さも増し、日焼けをした方もいるかと思います。日焼けは、太陽光のなかで「紫外線によって皮膚が…
  5. 2017-4-1

    パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

    トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。例…
ページ上部へ戻る