姿勢とは何か?

姿勢(posture)とは何かと問われると、人それぞれさまざまな答えが返ってくるでしょう。

人それぞれ姿勢の違いがあるように、姿勢に対する捉え方も違うものです。

したがって、どのような姿勢が正しいとか、どのような姿勢が良いとは一概には言えません。

それでも、何かしらの知見に基づいて見ると、正しいと考えられ得る姿勢があるのも事実です。

それで今回はある種、概念的な見方で姿勢を捉えていきたいと思います。

姿勢という言葉を辞書で引くと「からだの構え方」や「格好」となっています。

まとめると「身体の構えや全身の形を表すもの」と言うことができます。

運動学的に言えば、構え(attitude)とは頭部、体幹、四肢の位置関係であり、形は体位(position)と言い換えることができ、身体の基本面が重力方向に対してどのような関係にあるかという意味になります。

したがって、姿勢とは「身体各部の位置関係とそれら基本面と重力との関係の総和」と言い換えられるでしょう。

それでは、なぜ人間は姿勢を保持できるのでしょうか?

人間が重力やその他の外力に抗って一定の姿勢や肢位を保持できるのは運動指令によるものだとされています。

運動指令とは、自己の姿勢の状態に関わる情報が、筋・関節・前庭迷路にある固有感覚器や皮膚や眼などの外受容器から、中枢へと入力・統合され、身体各部の釣り合いを保つように筋緊張を調整する情報として出力されることの一連の流れを言います。

運動指令による姿勢の保持は、内部環境と外部環境とから算出される姿勢の情報の統合と出力の結果であると言えます。

人間が直立二足歩行を行うようになってから、重力に抗う努力が必要になりました。

その努力は、無意識下での努力から、急速に発展し、今や意識下での努力までもが必要となっています。

発展しているからこそ、言葉のもつ意味を見失わないようにしなければなりませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-28

    睡眠は大脳を休息させるためにある

    活動と休息のリズムはほとんどの生物にみられる現象である。しかしながら、睡眠は単なる休息ではなく、…
  2. 2015-4-14

    神経系とは

    神経系は、末梢からの刺激を受け取り、これに対して興奮を起こす中枢神経系と、刺激や興奮を伝導する末梢神…
  3. 2017-3-16

    エクササイズのステップアップ

    ケガをさせない身体づくりで重要なコンセプトは⓵「姿勢」「動作」「筋活動」の最適化、⓶至適な負荷強度、…
  4. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  5. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
ページ上部へ戻る