運動後の筋疲労回復としての軽運動

運動に疲労はつきものです。

運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れられています。

特に筋疲労回復に焦点をあてると、運動後の筋疲労回復の方法として軽運動が有効であるとされています。

一般に、筋疲労の原因には、筋中の代謝産物の増加が挙げられます。

その代表的なものに乳酸がありますが、水素イオンやアンモニアなどそれ以外の代謝産物の影響も強く受けます。

基本的には、この代謝産物の増加は、生成量と代謝量の差し引きによって決定されます。

したがって、代謝が追いつかないほどの生成を生み出す急性過度な高強度運動において、より多く産生されます。

このようにして増加してしまった代謝産物を積極的に代謝除去するために軽運動を実施します。

軽運動は、血流量を高め、酸化能力の高い遅筋線維を中心に回復を促すとされ、筋疲労回復とともに、筋持久力の積極的改善に貢献します。

ただし、神経因性の疲労や萎縮性の神経・筋疾患では筋中の代謝産物濃度に由来する疲労と異なるため、過用性の筋力低下を引き起こす可能性もあり、注意が必要です。

また、軽運動の強度の違いが筋疲労回復に与える影響を検証した実験では、自転車エルゴメーターで100Wの運動強度(軽度エアロビックダンス)に比べて、30Wの運動強度(日常生活の散歩よりもやや低強度)がより筋疲労回復、作業能力回復が高いことが示されました。

今や常識となっている運動後の軽運動ですが、やり方しだいでは、負の効果を生むことも有ります。

正しい処方が必要になるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
  2. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
  3. 2015-4-2

    筋のガーディングとは

    筋のガーディングとは、痛み刺激に反応する筋の持続的収縮であり、防御的に体が過度に動くのを防ぐためのサ…
  4. 2015-6-5

    筋小胞体の機能低下による筋疲労とは

    筋が発揮する張力は筋形質内の遊離Ca2+濃度により制御されています。骨格筋では、筋小胞体がこ…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
ページ上部へ戻る