距腿関節は脛骨、腓骨、距骨の3つの骨から構成されており、足関節とも呼ばれます。

脛骨と腓骨で作られた窪み(関節窩)に距骨頭が収まるように位置しています。

主に足関節でいう底屈と背屈の動きの際に可動するという機能があります。

足関節には他にも内反や外反の動きがありますが、関節の形状を見てわかるように、距腿関節は距骨の両端に腓骨と脛骨がある為、横方向に倒れるようにはあまり可動しないようになっています。

実際の内反や外反の動きはどこで起きているかというと、距骨の下に距骨と踵骨から構成される距骨下関節という関節で内反、外反の動きが行われます。

このことから足関節は、距腿関節と距骨下関節の二つの関節からなっていることが分かります。

足関節の代表的な外傷として捻挫がありますが、これは足関節に過度なストレスが急激に加わることで足関節が内反、もしくは外反方向に動きを強制されることで足関節の内側、外側の靭帯を損傷することによります。

捻挫では外反捻挫よりも内反捻挫のほうが発生頻度が高くなります。

外反捻挫は内反捻挫より起こりにくいということですが、これは脛骨の下端よりも腓骨の下端が長いこと(内くるぶしより外くるぶしのほうが下にある)や、足関節の靭帯が外側より内側のほうが密集して付着しているということによります。

外反捻挫が起きた際にはかなりのストレスがかかっている場合が多い為、外果骨折などを併発し重度の捻挫となる場合が多いようです。

捻挫を起こしやすい人の特徴としては、足趾が上手く使えていない、股関節、特に大殿筋や深層外旋六筋が弱い人などであり、足趾を動かす感覚をつかむという目的でのタオルギャザーや、スクワットやデッドリフトの際に股関節の屈曲伸展が上手くできて、ニーインしないように注意する様にするなどして予防を心がけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-22

    水分の摂取を考える。

    水は普段の生活においてはほとんど意識することなく摂取しているものであるが身体機能保持・調節においては…
  2. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
  3. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
  4. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  5. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
ページ上部へ戻る