距腿関節は脛骨、腓骨、距骨の3つの骨から構成されており、足関節とも呼ばれます。

脛骨と腓骨で作られた窪み(関節窩)に距骨頭が収まるように位置しています。

主に足関節でいう底屈と背屈の動きの際に可動するという機能があります。

足関節には他にも内反や外反の動きがありますが、関節の形状を見てわかるように、距腿関節は距骨の両端に腓骨と脛骨がある為、横方向に倒れるようにはあまり可動しないようになっています。

実際の内反や外反の動きはどこで起きているかというと、距骨の下に距骨と踵骨から構成される距骨下関節という関節で内反、外反の動きが行われます。

このことから足関節は、距腿関節と距骨下関節の二つの関節からなっていることが分かります。

足関節の代表的な外傷として捻挫がありますが、これは足関節に過度なストレスが急激に加わることで足関節が内反、もしくは外反方向に動きを強制されることで足関節の内側、外側の靭帯を損傷することによります。

捻挫では外反捻挫よりも内反捻挫のほうが発生頻度が高くなります。

外反捻挫は内反捻挫より起こりにくいということですが、これは脛骨の下端よりも腓骨の下端が長いこと(内くるぶしより外くるぶしのほうが下にある)や、足関節の靭帯が外側より内側のほうが密集して付着しているということによります。

外反捻挫が起きた際にはかなりのストレスがかかっている場合が多い為、外果骨折などを併発し重度の捻挫となる場合が多いようです。

捻挫を起こしやすい人の特徴としては、足趾が上手く使えていない、股関節、特に大殿筋や深層外旋六筋が弱い人などであり、足趾を動かす感覚をつかむという目的でのタオルギャザーや、スクワットやデッドリフトの際に股関節の屈曲伸展が上手くできて、ニーインしないように注意する様にするなどして予防を心がけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
  2. 2015-4-1

    Coping(コーピング)

    コーピングとはもともとはストレス状況下でストレスの原因を除去したり、ストレス状況を低減するように対処…
  3. 2016-1-2

    嚢胞性病変であるガングリオン

    手関節の周囲に好発する嚢胞性病変であるガングリオンというものをご存知ですか?ガングリオンは、関節…
  4. 2016-12-22

    より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

    陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。それらの動作は「伸張…
  5. 2016-1-16

    腱の機能解剖

    腱は筋と骨を結ぶ強靭な結合組織で、筋の収縮力を骨格へ効果的に伝達する。筋腱移行部では腱は筋細胞と…
ページ上部へ戻る