体内リズムと老化

老化は生活習慣によって進行度が変わるということはが科学的にもわかってきています。

この老化の進行に関わる有力な物質として知られているのが、活性酸素です。

活性酸素とは、反応性の高い状態の酸素で、細胞を構成しているさまざまな生体高分子(DNAやタンパク質)と反応して、その機能に障害を与えます。

摂取カロリーが多いと代謝が活発になり、その副産物として活性酸素が発生してしまうので、カロリーの摂取を抑えるほうが老化の進行が遅くなります。

さらに、体内時計の機能に異常が生じると、活性酸素の蓄積が促進されるといわれています。

というのも、活性酸素は、昼行性の生き物の場合、呼吸、摂取、代謝、運動、さらに紫外線を浴びる量は昼間のほうが高いので、体も当然、それに備えて活性酸素の無毒化機能を高めると考えられているからです。

つまり、この無毒化の機能は体内時計によってコントロールされていて、生活のリズムと体内時計のずれは、活性酸素の発生時刻とその無毒化機能のタイミングのずれを意味し、発生した活性酸素を効率よく無毒化できないことになり、細胞は傷つけられて老化が進行することになります。

私達の体は、数万種類の遺伝子が日々絶え間なく働くことで、身体機能を維持しています。

その細胞の中で働いている遺伝子の1割以上に体内時計が関係していて活性の1日のリズムをつくっていることがわかりました。

ヒトは、遺伝子の活性に体内時計がリズムを与えることによって体の機能におけるリズムが長い年月をかけて構築されています。

なので、体のリズムと生活のリズムのタイミングが合わなければ、多くの病気のリスクになることは当然といえます。

生活のリズムが不安定になると体内時計によってプログラムされた恒常性機能のリズムがタイミング良く対応できなくなります。

また、現代の生活環境の影響で体内時計が夜型化してしまうと、実際の生活習慣に合わせて体の恒常性機構を発動することができなくなり、体に不調がでてきます。

生活のリズムの安定化と体内時計の安定化は体の老化の進行を遅らせるため、体の調子を整えるには必要不可欠なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-19

    ワンランク上の効果を引き出すセット法

    筋力トレーニングで大切なのは継続することです。継続の壁は「マンネリ」や筋力トレーニングの「効…
  2. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
  3. 2016-2-11

    関節軟骨とその特性

    関節の運動は滑液の拡散を促進し軟骨への酸素や栄養の供給を促すことで軟骨の維持に関与します。…
  4. 2015-2-27

    プレ・パフォーマンス・ルーティンとフォーカルポイント

    スポーツの世界ではよく「集中力」という言葉を耳にします。「集中力が足りないから負けた」、「集…
  5. 2015-8-9

    300億個もの脂肪細胞とエネルギー恒常性

    脂肪細胞は脂肪組織の主要な構成細胞であり、エネルギーを細胞内に中性脂肪として蓄積しています。過剰…
ページ上部へ戻る