起始 第1~9肋骨

停止 肩甲骨①上部(上角)

②中部(内側縁)

③下部(下角及び内側縁)

作用 前鋸筋全体:①肩甲骨を前外方に引く、

②上肢帯が固定されていれば肋骨の挙上(吸息の補助)

下部:肩甲骨を回転させその下角を前外側に引く(関節窩を上方に回転させる)

上部:挙上した上腕を下げる(下部筋束に対して拮抗)

支配神経 長胸神経:第五頸椎~第七頸椎

 

胸部の側面、両脇の下に見えるギザギザの筋が前鋸筋になります。

機能としては肩甲骨を外転させる、肩甲骨を上方回旋させる、肩甲骨を固定した時に肋骨を挙上させる、などがあります。

日常生活で意識することの少ない筋肉だとは思いますが、やはり重要な筋であり、スポーツ動作の際も深くかかわってきます。

最近で言うと、ラグビー日本代表の五郎丸選手のキック前のルーティンが話題になっていますが、あの動作にも前鋸筋の活動を高める要素が含まれているようです。

五郎丸選手は立ち位置を決めた後ですが、まず肩甲骨を寄せる動作をします。

この時に胸椎を伸展させ肩甲骨を内転位まで寄せる意識を作ります。

その次にボールを押し出すようなイメージで右手を動かしますが、この時に息を吐くことで肋骨を内下方に絞り腹腔内圧を高めます。

そこから、有名な手を合わせるポーズに移りますが、ここでは肩甲帯を安定させたままさらに下位肋骨を内下方に絞ります。

次に助走をとっていきますが、この時も手足は緩やかに可動していますが、肩甲帯は安定し、腹腔内圧は高く保ったまま、体幹部はほとんどぶれていません。

そこからキック動作に移りますが、左腕が大きく振り上がるにも関わらず、肋骨や肩甲帯はほとんどぶれず、安定したフォームのままボールに力を伝え、蹴り出すことができます。

このルーティンの中で前鋸筋が上手くアイソメトリック収縮で作用していなければ肩甲帯が安定せず、下位肋骨が開きやすくなることで腹腔内圧を高めにくくなり、左手を振り上げた際に腰椎を安定させることができないため、伸張反射を利用した右足のキック動作が上手く行えないことにも繋がると考えられます。

そう考えると、五郎丸選手のルーティンは前鋸筋から動作を考えた際に、理に適っていると言えますね。

前鋸筋をうまく機能させることは、ラグビーのキック動作だけでなくその他のスポーツにも良い影響を与えます。

投球動作や走動作の際にも肩関節の安定に働きます。

スキャプラプロトラクションやベンチプレスなどのトレーニングを行うことで筋活動が確認されているので前鋸筋を意識してトレーニングできるとよいかと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-15

    冬のほうが代謝が高いのはなぜ?

    ほとんど多くの人にとって寒いより暖かいほうが良いでしょうが、代謝という点で考えると実は寒いほうが良か…
  2. 2015-6-12

    アディポサイトカイン

    アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをい…
  3. 2015-7-7

    神経新生と二つの因子

    神経新生とは新しく神経細胞が生まれる現象です。20世紀にラモニ・カハールによりニューロン説が…
  4. 2015-1-10

    3つの動きが生み出す可能性

    今日は、重力や引力コリオリ力などの物理的法則を適応させ身体を整える、三軸修正法について書いていこうと…
  5. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
ページ上部へ戻る