仙腸関節は、仙骨と腸骨(寛骨)により構成されており、関節ではありますがこの可動域は硬い関節包と強力な靭帯により強く制限されています。

このようにして仙腸関節が安定することが骨盤の安定につながります。

仙腸関節を構成する寛骨は、前方で恥骨結合として連結しており、骨盤輪と呼ばれる輪が作られます。

骨盤を安定させるためには、この骨盤輪の安定性が重要であり、これは体幹の負荷を下肢に伝えるために必要な条件となります。

このように前方(恥骨結合)と後方(仙腸関節)で強く結合しているために大きな可動はなく、動いても2~3㎜と言われていますが、このわずかな可動性が大切なのであり、動かないとそれはそれで仙腸関節の痛みやその他の障害に繋がるようです。

仙腸関節の機能障害では、腰痛などを併発することが多く、これは、脊柱にかかるストレスを仙腸関節のわずかな動きで軽減していたのが、仙腸関節のわずかな可動性が制限されることで、ストレスを軽減できずに腰椎へのストレスが高まるためではないかと考えられます。

仙腸関節の障害として仙腸関節痛があり、慢性感染症か退行性変性、もしくは強いストレスによる外傷が原因となります。

仙腸関節が過度に可動性を有している場合は全身の靭帯が脆弱化してきているか、妊娠やホルモンバランスの崩れによる靭帯の緩みが原因となっている場合もあるようです。

そのようなこともあり、仙腸関節の障害は男性よりも女性で多く報告されているようです。

他にも、股関節に関わる筋の筋バランスの崩れからも仙腸関節の機能障害が起こることが分かっています。

例えば、股関節屈筋は短縮すると骨盤が前傾しますが、左右どちらか片側のみが短縮すると骨盤が斜めにひねられるような状態になり、それにより短縮が生じた側の仙腸関節に機能障害が起こることが分かっています。

股関節外旋筋群も短縮すると仙骨がどちらか片側に引っ張られることから仙腸関節における機能障害が生じるようです。

このことから、仙腸関節における機能障害予防として股関節屈筋や股関節外旋筋群のストレッチも効果的であると思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-16

    遺伝子と性格

    心理学領域にクレッチマーの分類というものがあります。これは、性格と体格、そして精神疾患には関…
  2. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
  3. 2015-11-25

    睡眠不足と肥満

    睡眠が不足していると、理性や判断力を司っている前頭葉の活動が低下し、食べる意欲を司る脳領域の活動が高…
  4. 2015-5-27

    情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。…
  5. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
ページ上部へ戻る