脳の可塑性とボディスキーマ

ペンフィールドが証明した大脳皮質における体部位再現性は、大脳皮質に身体が正確にマップされていることを示したものになります。
しかし、これ以前に、イギリスの神経学者であるHeadとHolmesが身体図式(ボディスキーマ)という概念を提唱しています。

これは平衡感覚、体性感覚系、視覚・聴覚などの信号は、姿勢や上下肢の位置を時々刻々と脳に刻んでおり、脳の中では身体が体表モデルと連携して内的姿勢モデルとして構成されるという考え方です。

このボディスキーマを考える時、特に筋骨格系の動的信号を伝える固有感覚がボディスキーマを構成する上でもっとも重要になります。
もしも、固有感覚からの情報が消失すると、我々は全身の運動を認知することが困難となるからです。

自分の身体が動いていることをモニタリングしていることは、「身体の主体が自分であること」を認知する上で非常に重要な事です。
したがって身体図式(内的姿勢モデル)の消失は、自身のアイデンティティーの消失につながるとも言えるでしょう。
この場合、固有感覚からの情報が消失しているため、視覚のみが自身の身体を確認する唯一の手段となり、自分の身体を見ていないと自分の身体の動きを知る術がなくなってしまいます。

そして、視覚情報を用いたトレーニングによって、一見運動機能が回復したとしても固有感覚からの情報を基にした全身のボディスキーマの変化が伴わないため、運動機能が回復したという実感や満足感が湧かない、あるいはスポーツ選手ならパフォーマンスが上がらないといった可能性も起こりえます。

脳の可塑性は「学習」により獲得され、「記憶」の生成に欠くことのできない仕組みです。
損なわれた神経系機能もこの可塑性によって補償することができるのかも知れません。
しかし、脳に可塑性があることは決して良いことばかりではないということも言えると思います。

最初に記したように、可塑性の重要な原理は、「同期して活動する神経細胞間に形成される神経回路を繰り返し使用することにより形成される」ことにあります。
しかしながら、エラーがあるままでの神経細胞の活動はある意味「間違った学習」となり、「誤った記憶」として神経回路を形成することにもなってしまいます。

だからこそ、運動学習の際にはまずは実際の体表モデルとボディスキーマをうまく一致させることが重要となります。
自分を外面、内面で知ることができるから、自分をコントロールすることができるとでもいいましょうか、認知の面から考えれば、「自分が自分であることを認知する」ことが運動を制御する上でも大事なことになっていきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-14

    水分摂ってますか?はいコーヒーを飲んでます。

    運動をしている人もそうでない人も水分補給は欠かせないものですが、こと冬に関しては摂取量が減ってしまい…
  2. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
  3. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  4. 2015-6-14

    神経系と下行性伝導路

    下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
  5. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
ページ上部へ戻る