internal impingementのメカニズム

肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal impingement)
このとき、上腕骨大結節に付着している腱板(棘上筋腱と棘下筋腱)と肩甲骨関節窩後上方部分にある関節唇は、上腕骨大結節と肩甲骨関節窩の間に挟まりこむことになります。

野球、ソフトボール、テニス、バドミントン、バレーボールなどのように肩関節外転位での外旋動作が加わるスポーツにおいてはこの現象が頻繁に起こり、さらには挟まりこむ腱板や関節唇には大きな圧力が加わるために損傷される危険性が高くなります。

internal impingementがどのようなコンディショニングの際に起こりやすいのかが以下のようにまとめられています。

①前方関節包の弛み
②後方関節包の拘縮
③肩関節内旋筋力の低下
④肩甲骨の内旋角度の増大

⑤肩甲上腕関節水平外転角度の減少

これらがみられるケースは腱板損傷や関節唇がinternal impingementによって損傷されるリスクが高いとされています。

これらの発生、再発の予防には、当然ながら肩関節に無理な負荷をかけないことが重要になってきます。

またこれらの動作は下肢・体幹・上肢の運動連鎖によって行われています。
下肢・体幹運動によって蓄えたエネルギーを上肢に効率よく伝達する必要があります。

そのため、体幹と上腕骨の間に位置する肩甲骨の運動がキーポイントとなり、体幹運動、肩甲骨運動のバランスを整え、協調して運動できるようにしていくことが重要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-29

    静的ストレッチングについて

    ストレッチングは運動療法において実勢頻度の高い手技のひとつです。ストレッチングにより得られる…
  2. 2016-1-11

    単純な行動も脳のさまざまな部位によって制御されている。

    単純な反射反応から複雑な精神活動まで、すべての行動は適切に相互されたニューロン間に起こるシグナル伝達…
  3. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  4. 2015-11-21

    サラブレッドからみる栄養とトレーニング

    1998年、セイウンスカイという競走馬が4歳馬(現3歳)の頂点を決めるレースであるG1レースの皐月賞…
  5. 2014-12-25

    足のアーチと衝撃吸収

    立位の重心を考えた時、人間は踵のほうに重心が落ちており、足部で考えると踵骨があって距骨があるという …
ページ上部へ戻る