internal impingementのメカニズム

肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal impingement)
このとき、上腕骨大結節に付着している腱板(棘上筋腱と棘下筋腱)と肩甲骨関節窩後上方部分にある関節唇は、上腕骨大結節と肩甲骨関節窩の間に挟まりこむことになります。

野球、ソフトボール、テニス、バドミントン、バレーボールなどのように肩関節外転位での外旋動作が加わるスポーツにおいてはこの現象が頻繁に起こり、さらには挟まりこむ腱板や関節唇には大きな圧力が加わるために損傷される危険性が高くなります。

internal impingementがどのようなコンディショニングの際に起こりやすいのかが以下のようにまとめられています。

①前方関節包の弛み
②後方関節包の拘縮
③肩関節内旋筋力の低下
④肩甲骨の内旋角度の増大

⑤肩甲上腕関節水平外転角度の減少

これらがみられるケースは腱板損傷や関節唇がinternal impingementによって損傷されるリスクが高いとされています。

これらの発生、再発の予防には、当然ながら肩関節に無理な負荷をかけないことが重要になってきます。

またこれらの動作は下肢・体幹・上肢の運動連鎖によって行われています。
下肢・体幹運動によって蓄えたエネルギーを上肢に効率よく伝達する必要があります。

そのため、体幹と上腕骨の間に位置する肩甲骨の運動がキーポイントとなり、体幹運動、肩甲骨運動のバランスを整え、協調して運動できるようにしていくことが重要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
  2. 2017-2-25

    対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

    素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの…
  3. 2015-8-2

    活性酸素と筋ミトコンドリア

    運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の…
  4. 2015-7-4

    免疫システムの防衛基地「リンパ節」とT細胞

    T細胞がリンパ節の中で病原体をみつけだして活性化すると、T細胞はパトロール経路を修正する。このパ…
  5. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
ページ上部へ戻る