internal impingementのメカニズム

肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal impingement)
このとき、上腕骨大結節に付着している腱板(棘上筋腱と棘下筋腱)と肩甲骨関節窩後上方部分にある関節唇は、上腕骨大結節と肩甲骨関節窩の間に挟まりこむことになります。

野球、ソフトボール、テニス、バドミントン、バレーボールなどのように肩関節外転位での外旋動作が加わるスポーツにおいてはこの現象が頻繁に起こり、さらには挟まりこむ腱板や関節唇には大きな圧力が加わるために損傷される危険性が高くなります。

internal impingementがどのようなコンディショニングの際に起こりやすいのかが以下のようにまとめられています。

①前方関節包の弛み
②後方関節包の拘縮
③肩関節内旋筋力の低下
④肩甲骨の内旋角度の増大

⑤肩甲上腕関節水平外転角度の減少

これらがみられるケースは腱板損傷や関節唇がinternal impingementによって損傷されるリスクが高いとされています。

これらの発生、再発の予防には、当然ながら肩関節に無理な負荷をかけないことが重要になってきます。

またこれらの動作は下肢・体幹・上肢の運動連鎖によって行われています。
下肢・体幹運動によって蓄えたエネルギーを上肢に効率よく伝達する必要があります。

そのため、体幹と上腕骨の間に位置する肩甲骨の運動がキーポイントとなり、体幹運動、肩甲骨運動のバランスを整え、協調して運動できるようにしていくことが重要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
  2. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
  3. 2014-12-10

    たとえ休日でも寝だめはダメなんです

    普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。…
  4. 2015-1-14

    水分摂ってますか?はいコーヒーを飲んでます。

    運動をしている人もそうでない人も水分補給は欠かせないものですが、こと冬に関しては摂取量が減ってしまい…
  5. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトル」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
ページ上部へ戻る