internal impingementのメカニズム

肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal impingement)
このとき、上腕骨大結節に付着している腱板(棘上筋腱と棘下筋腱)と肩甲骨関節窩後上方部分にある関節唇は、上腕骨大結節と肩甲骨関節窩の間に挟まりこむことになります。

野球、ソフトボール、テニス、バドミントン、バレーボールなどのように肩関節外転位での外旋動作が加わるスポーツにおいてはこの現象が頻繁に起こり、さらには挟まりこむ腱板や関節唇には大きな圧力が加わるために損傷される危険性が高くなります。

internal impingementがどのようなコンディショニングの際に起こりやすいのかが以下のようにまとめられています。

①前方関節包の弛み
②後方関節包の拘縮
③肩関節内旋筋力の低下
④肩甲骨の内旋角度の増大

⑤肩甲上腕関節水平外転角度の減少

これらがみられるケースは腱板損傷や関節唇がinternal impingementによって損傷されるリスクが高いとされています。

これらの発生、再発の予防には、当然ながら肩関節に無理な負荷をかけないことが重要になってきます。

またこれらの動作は下肢・体幹・上肢の運動連鎖によって行われています。
下肢・体幹運動によって蓄えたエネルギーを上肢に効率よく伝達する必要があります。

そのため、体幹と上腕骨の間に位置する肩甲骨の運動がキーポイントとなり、体幹運動、肩甲骨運動のバランスを整え、協調して運動できるようにしていくことが重要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
  2. 2017-3-16

    エクササイズのステップアップ

    ケガをさせない身体づくりで重要なコンセプトは⓵「姿勢」「動作」「筋活動」の最適化、⓶至適な負荷強度、…
  3. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
  4. 2014-11-30

    脂肪細胞がエネルギー源になる過程

    脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中…
  5. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
ページ上部へ戻る