起始:仙骨後面の側方、腸骨の殿筋面の後方(後殿筋線の後方)、胸腰筋膜と仙結節靭帯

停止:(上部線維)腸脛靭帯

(下部線維)殿筋粗面

作用:(股関節)伸展(特に屈曲位からの伸展)・外旋・前額面での骨盤の安定・外転(上部)・内転(下部)

支配神系:下殿神経

 

「お尻」の丸みを形成する筋肉になります。

歩行の際や立ち座りの動作スポーツの際の素早い切り返しの運動など様々な動きの中で重要になってきます。

股関節の動きに大きくかかわる重要な筋であり、スポーツの局面で考えると、大殿筋が上手く機能しないことで、運動中に(特に着地や切り返し)股関節内旋位になりニーイントゥーアウトの肢位になりやすくなり前十字靭帯、内側側副靭帯、内側半月板の損傷などにつながりやすくなります。

大殿筋が上手く機能しないということは、そういったスポーツ動作の際も股関節屈曲位からの伸展が上手くいかず、大腿四頭筋でその動きをカバーしたりすることもあるかと思います。

そうなると、拮抗筋である、ハムストリングスなどはさらに弱化していく可能性もあり、走動作の際にハムストリングスの肉離れなどを起こすことにも繋がります。

ボディメイクの観点で見ると、やはり「お尻」の丸みを作る筋なので、お尻のラインのメリハリがなくなり、さらに筋膜張筋(大腿部の横)などが緊張してくるので、太もも自体が横に広く見える可能性もあります。

大殿筋のトレーニングにはヒップリフトやヒップエクステンションなどがありますが、仰向けでお尻をキュッと絞める「尻すぼめ運動」や片足でのヒップリフトにおいて大きな筋活動があったと報告されています。

これらの大殿筋のトレーニングの際は、腰部に力が入ってしまうことも多くなると思いますので(特に反り腰の方など)同時に腹筋群の適切な活動も見る必要があると思います。

トレーニングのパターンとしては、仰向けかうつ伏せかという肢位の違いや、膝関節伸展位か屈曲位かという肢位の違い、徒手抵抗か自体重かという負荷のかけ方の違いなどでバリエーションがあるかと思います。

これらはエクササイズ名でいうところの「ヒップリフト」や「ヒップエクステンション」となりますが大殿筋の筋活動は、これらのすべての肢位で確認されているということなので、それぞれの身体に合わせた適切な肢位、負荷で、効果的なトレーニングを行わなければなりません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-28

    エコノミークラス症候群を考える

    エコノミークラス症候群とは、循環障害のひとつで、深部静脈血栓症や塞栓症などの疾患概念となります。…
  2. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  3. 2015-4-25

    約60兆個もある細胞とは

    人間は約60兆個の細胞からできています。生体を構成する最小単位であり、種々の細胞は形態と…
  4. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  5. 2015-4-2

    筋のガーディングとは

    筋のガーディングとは、痛み刺激に反応する筋の持続的収縮であり、防御的に体が過度に動くのを防ぐためのサ…
ページ上部へ戻る