起始:仙骨後面の側方、腸骨の殿筋面の後方(後殿筋線の後方)、胸腰筋膜と仙結節靭帯

停止:(上部線維)腸脛靭帯

(下部線維)殿筋粗面

作用:(股関節)伸展(特に屈曲位からの伸展)・外旋・前額面での骨盤の安定・外転(上部)・内転(下部)

支配神系:下殿神経

 

「お尻」の丸みを形成する筋肉になります。

歩行の際や立ち座りの動作スポーツの際の素早い切り返しの運動など様々な動きの中で重要になってきます。

股関節の動きに大きくかかわる重要な筋であり、スポーツの局面で考えると、大殿筋が上手く機能しないことで、運動中に(特に着地や切り返し)股関節内旋位になりニーイントゥーアウトの肢位になりやすくなり前十字靭帯、内側側副靭帯、内側半月板の損傷などにつながりやすくなります。

大殿筋が上手く機能しないということは、そういったスポーツ動作の際も股関節屈曲位からの伸展が上手くいかず、大腿四頭筋でその動きをカバーしたりすることもあるかと思います。

そうなると、拮抗筋である、ハムストリングスなどはさらに弱化していく可能性もあり、走動作の際にハムストリングスの肉離れなどを起こすことにも繋がります。

ボディメイクの観点で見ると、やはり「お尻」の丸みを作る筋なので、お尻のラインのメリハリがなくなり、さらに筋膜張筋(大腿部の横)などが緊張してくるので、太もも自体が横に広く見える可能性もあります。

大殿筋のトレーニングにはヒップリフトやヒップエクステンションなどがありますが、仰向けでお尻をキュッと絞める「尻すぼめ運動」や片足でのヒップリフトにおいて大きな筋活動があったと報告されています。

これらの大殿筋のトレーニングの際は、腰部に力が入ってしまうことも多くなると思いますので(特に反り腰の方など)同時に腹筋群の適切な活動も見る必要があると思います。

トレーニングのパターンとしては、仰向けかうつ伏せかという肢位の違いや、膝関節伸展位か屈曲位かという肢位の違い、徒手抵抗か自体重かという負荷のかけ方の違いなどでバリエーションがあるかと思います。

これらはエクササイズ名でいうところの「ヒップリフト」や「ヒップエクステンション」となりますが大殿筋の筋活動は、これらのすべての肢位で確認されているということなので、それぞれの身体に合わせた適切な肢位、負荷で、効果的なトレーニングを行わなければなりません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-10

    神経・筋に対するトレーニングの効果

    トレーニングで用いる負荷の大きさや、動作様式に応じて神経や筋肉にさまざまな適応を引き起こします。…
  2. 2015-5-17

    体温と代謝

    私たちの体温は通常37℃前後に一定に保たれています。これを内温性といいます。これに対…
  3. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  4. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
  5. 2015-7-23

    プライオメトリクスエクササイズでみられる筋肉の力生産

    プライオメトリクスエクササイズにおいて力の増加の理論は大きく分けて3つある。第1の理論として…
ページ上部へ戻る