歩行のエネルギー消費

歩行時のエネルギー消費は、年齢や身長、体重、性差、履物、心理状態、歩行速度、疾病の有無、地面や床面の状態、傾斜、段差、風速などの環境要因によって変動します。

一定距離を移動するのに、歩行速度を速くすれば、所要時間は短縮されますが、作業強度は大きくなり、消費されるエネルギーは増加します。

速度を遅くすれば、所要時間は延長し、全体として姿勢保持などに費やされるエネルギーが増加してしまいます。

その中間にエネルギー要求量が最小になる歩行速度があり、至適速度と呼ばれています。

一般に、日本人の歩行至適速度は、70~75m/minであるとされています。

基本的には、速度が速くなれば消費エネルギーが増加しますが、同じ速度であっても、上り坂ではエネルギー消費が増加し、下り坂では減少します。

しかし、下り坂をゆっくり下りるときは、エネルギー消費は増加します。

また、硬いアスファルトに比べて、柔らかい土の上では、歩行のエネルギー消費は30~40%も増加します。

履物も重要になり、約7.5cmのハイヒール履くと10~15%の増加が起こります。

距離あたりのエネルギー消費を歩行と走行で比べると、走行のほうが高くなりますが、歩行速度が120~130m/minを超えると、走行よりも歩行のほうがエネルギー消費が高くなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  2. 2015-3-25

    トリグリセリドの分解

    体脂肪、すなわち中性脂肪は英語で「トリグリセリド」と言います。ある一定以上の運動をすると脳か…
  3. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
  4. 2015-6-6

    炎症のメカニズムとは

    炎症とは、腫脹・熱発・発赤・疼痛に機能障害を加えた5つの徴候が起こる障害です。炎症が起こると…
  5. 2017-2-22

    重要性と原則に照らしてトレーニング種目を配列する

    トレーニングは最初に行った種目の効果が一番大きくなり、後に行った種目ほど効果が小さくなります。…
ページ上部へ戻る