運動系の重要性は、神経生理学者でもあるイギリスのシェリントンが以下のように要約しています。
「ものを動かすこと、これがヒトのできる運動の全てである。」

この運動を唯一実行できるものは筋です。

しかしながら、この運動を起こすためには、多様に変化ししばしば予知が難しい環境に適応させながら、約700個にも及ぶ筋の様々な組合せによる調和の取れた筋活動が必要となります。

「頭を切り落とされた鶏のように走り回る」という表現がありますが、考えると少し気持ちの悪い光景ですが、これも実際には複雑な行動パターンが脳の関与なしにも引き起こされるという観察に基いての言い回しになります。

脳だけではなく、脊髄の中にはかなりの数の神経回路網があり、この部分が行動の制御、特に歩行に関連した反復的な行動の制御を行っていることがわかっています。
とある実験では脊髄が中枢神経から切り離された犬や猫の後ろ足に律動的な運動が起こることが示されています。

脳がなくても環境に適応する形でプログラム化された動きがなされたというこの事実。

現代における見解では、脊髄には調和のとれた運動の発生を行う運動プログラムがあり、この運動プログラムが脳を下行する命令によって呼び起こされ、実行され、そして修正しているというように考えられています。

このように運動制御は、ひとつは脊髄による筋の収縮命令と個々の筋収縮を調和のとれたものにする制御機構、そしてもうひとつ脳による脊髄内の運動プログラムへの命令と制御機構の2つに分けて考えることが必要になってきます。

脊髄神経回路網の複雑な機能および活動パターンは比較的に大まかな下行性の指示によって駆動されていて、より細かい運動制御を可能にするために上位運動ニューロンが寄与していくことで、最終的な随意運動の制御の達成となっていきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-14

    プリン体とは何か?

    アデニンやグアニンはその構造にプリン環と呼ばれる化学構造を持っています。このようなプリン環を持っ…
  2. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  3. 2017-3-21

    持続トレーニングとインターバルトレーニング

    中強度あるいはそれ以上の運動強度の運動を長時間持続いて行うものを、持続トレーニングといいます。…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
ページ上部へ戻る