サルコペニアと高齢者トレーニング

サルコペニアとは、加齢に伴って起こる筋量、筋力の減少、筋機能の低下のことを指します。

これは、若年層でも起こりうるもので、加齢に伴って起こる原発性サルコペニアに対し、二次性サルコペニアといいます。

一般に、高齢者にみられるサルコペニアは、日常生活動作の不自由さ、バランス能力の欠落、杖や歩行具の利用増加、生存率の低下などQOLと密接な関係を持ちます。

サルコペニアの予防・改善には積極的な身体運動、日常生活に運動を取り入れることだとされており、例えば高齢者とは結びつけにくい筋力トレーニングも例外ではありません。

加齢に伴う筋力の減少は、主に速筋線維から起こるとされており、近年の研究では、筋サテライト細胞数の減少は、速筋線維のみに起こり、遅筋線維には起こらないという報告もありました。

これに対し、筋力トレーニングでは、速筋サテライト細胞の増加が見込め、速筋線維の肥大が期待できます。

したがって、サルコペニアにおいて筋力トレーニングは非常に有効なプログラムであると考えられます。

しかし、高齢者の筋力トレーニングには、果たして若年者と同じように筋肥大が起こるのかという問題がついて回ります。

高齢者と筋力トレーニングについて検証した研究は数多くあります。

それらをまとめると、若年者と同じように、神経系の発達、筋肥大、パワー、筋持久力の向上が起こりうることが示唆されています。

そのためには、適切な栄養摂取、筋肥大には強い疲労感を感じるまで、パワー向上には速い動作、といったことが重要であり、基本的に若年者と変わりはありません。

もちろん各種スポーツの効果も認められており、ともかく運動をすることが大事なようです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  2. 2015-10-11

    腱断裂

    腱は骨格筋と骨を結び付けている強靭な結合組織で、筋収縮によって得られたエネルギーは腱によって骨に伝え…
  3. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  4. 2014-12-9

    スポーツ医学の起源を知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  5. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
ページ上部へ戻る