免疫という生体システム

免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。

無限に存在する非自己とは反応するが、自己とは反応しないシステムです。

免疫反応を司る細胞、いわゆる免疫細胞がつくられるときに、自己・非自己を含めてあらゆる物質に藩王ができる免疫細胞群がいったんつくられるが免疫システムを構築する段階で自己と反応する免疫細胞は消去され、非自己と反応する免疫だけが生き残り免疫系をつくります。

つまり、免疫系が反応するのはすべて非自己ということになります。

免疫系の不思議といえば、免疫系が、臓器の形をとることなく明確な形でネットワークシステムを構築していないことです。

免疫細胞を構成するリンパ球(白血球)は合計1キログラム、1兆個の集団にもなるのですが、神経系のように連絡し合う神経繊維などはもっていません。

まさに、石帯の中を漂う浮遊細胞の群れでありながら、細胞同士が密接なコミュニケーションをとり、連携し、協力し合う様は驚異というほかはないです。

そして、免疫系の中では、重要な役割を果たしている二つの物質があります。

それらは、複雑な免疫反応のスタートをきるかどうかを決める大切な存在です。

MHC(主要組織適合抗原)分子とサイトカイン(生理活性物質)と呼ばれる物質です。

MHC分子は私たちの身体をつっくているすべての細胞の表面にある自分を規定する分子です。

この分子によって私たちは個人を識別することが出来ます。
人間の場合、MHC分子はHLA(ヒト白血球抗原)とも呼ばれます。
この特徴は、個人によって分子の種類が異なっていることです。
また、MHC分子はリンパ球に免疫反応を起こす物質を作るように指示する分子でもあるのです。

この免疫反応を引き起こす物質が免疫細胞間の言葉となっているサイトカインです。

異物は、細胞の中で断片になり、それがMHC分子と科学的に結合し、さらにこのMHC分子と異物の断片からなる複合体が免疫細胞の抗原受容体と結合することによって、免疫細胞が活性化され、サイトカインを分泌します。

サイトカインは免疫細胞の引き金を引き、ここで反応が開始されます。

これが免疫反応です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-17

    バランス能力と姿勢制御戦略

    バランス能力に必要な条件は、支持基底面内に重心を溜め、支持基底面から外れた重心の位置を素早く戻す能力…
  2. 2015-2-23

    「不定愁訴」に気をつけましょう。

    現代では、「身体がだるい」、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」など、「なんとなく体…
  3. 2014-12-1

    ヒトの生命維持装置とも言えるホメオスタシス

    今日は、ホメオスタシスについてお話します。まずホメオスタシスとは?についてですが、簡単にいえ…
  4. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
  5. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
ページ上部へ戻る