免疫という生体システム

免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。

無限に存在する非自己とは反応するが、自己とは反応しないシステムです。

免疫反応を司る細胞、いわゆる免疫細胞がつくられるときに、自己・非自己を含めてあらゆる物質に藩王ができる免疫細胞群がいったんつくられるが免疫システムを構築する段階で自己と反応する免疫細胞は消去され、非自己と反応する免疫だけが生き残り免疫系をつくります。

つまり、免疫系が反応するのはすべて非自己ということになります。

免疫系の不思議といえば、免疫系が、臓器の形をとることなく明確な形でネットワークシステムを構築していないことです。

免疫細胞を構成するリンパ球(白血球)は合計1キログラム、1兆個の集団にもなるのですが、神経系のように連絡し合う神経繊維などはもっていません。

まさに、石帯の中を漂う浮遊細胞の群れでありながら、細胞同士が密接なコミュニケーションをとり、連携し、協力し合う様は驚異というほかはないです。

そして、免疫系の中では、重要な役割を果たしている二つの物質があります。

それらは、複雑な免疫反応のスタートをきるかどうかを決める大切な存在です。

MHC(主要組織適合抗原)分子とサイトカイン(生理活性物質)と呼ばれる物質です。

MHC分子は私たちの身体をつっくているすべての細胞の表面にある自分を規定する分子です。

この分子によって私たちは個人を識別することが出来ます。
人間の場合、MHC分子はHLA(ヒト白血球抗原)とも呼ばれます。
この特徴は、個人によって分子の種類が異なっていることです。
また、MHC分子はリンパ球に免疫反応を起こす物質を作るように指示する分子でもあるのです。

この免疫反応を引き起こす物質が免疫細胞間の言葉となっているサイトカインです。

異物は、細胞の中で断片になり、それがMHC分子と科学的に結合し、さらにこのMHC分子と異物の断片からなる複合体が免疫細胞の抗原受容体と結合することによって、免疫細胞が活性化され、サイトカインを分泌します。

サイトカインは免疫細胞の引き金を引き、ここで反応が開始されます。

これが免疫反応です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-12

    夜食を食べると太る!?

    食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜…
  2. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
  3. 2015-2-9

    マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られる…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
ページ上部へ戻る