タンパク合成装置としての筋細胞

筋細胞内で細胞核と連結している小胞体は、他の細胞と同じように細胞内のたんぱく質を修飾したり細胞外へ搬送したりする役割を担っています。
筋細胞は局所的に使用する目的で細胞要素を作っているので、筋小胞体は実はあまり発達していないということがわかっています。

ですが、リボソームはこのあまり発達していない小胞体と結合して、そこで多くの筋たんぱく質が合成されることとなります。
核によって調節されるたんぱく質合成はこのようにリボソームと小胞体の結合で行われますが、それは細胞にとって非常に重要な出来事となります。

それは筋に発現されるたんぱく質の量とタイプによって、筋細胞の発揮する力、速度および持久性が決定されるといわれているからです。
そのため、作られる筋が多く活動する機会のある筋なのか、あるいはあまり活動しなくてもいい筋なのかををすでにある筋自身が察知し、多様な状況で適応できるようにたんぱく質合成の調節を行っています。
筋自身が自身の環境に適応できる細胞を合成しているというのは、筋の発達を考える上でも非常に重要なものとなります。

このようにたんぱく質の合成装置としての筋細胞が持つ役割は非常に重要です。
特に運動や他動的ストレッチのような筋細胞への単純な介入で、筋のたんぱく質合成速度を増加させることがわかっていて、筋の機能を変化させるのにも重要であることがわかっています。

たんぱく質合成を促進させるような刺激を筋細胞に送ることは、新しい筋を作るうえでとても重要な刺激となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2017-1-31

    分厚い胸板をつくるために

    厚い胸板はトレーニングをする人、特に男性には憧れの存在です。ここが薄いとスーツやTシャツもか…
  3. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
  4. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  5. 2015-2-27

    プレ・パフォーマンス・ルーティンとフォーカルポイント

    スポーツの世界ではよく「集中力」という言葉を耳にします。「集中力が足りないから負けた」、「集…
ページ上部へ戻る