タンパク合成装置としての筋細胞

筋細胞内で細胞核と連結している小胞体は、他の細胞と同じように細胞内のたんぱく質を修飾したり細胞外へ搬送したりする役割を担っています。
筋細胞は局所的に使用する目的で細胞要素を作っているので、筋小胞体は実はあまり発達していないということがわかっています。

ですが、リボソームはこのあまり発達していない小胞体と結合して、そこで多くの筋たんぱく質が合成されることとなります。
核によって調節されるたんぱく質合成はこのようにリボソームと小胞体の結合で行われますが、それは細胞にとって非常に重要な出来事となります。

それは筋に発現されるたんぱく質の量とタイプによって、筋細胞の発揮する力、速度および持久性が決定されるといわれているからです。
そのため、作られる筋が多く活動する機会のある筋なのか、あるいはあまり活動しなくてもいい筋なのかををすでにある筋自身が察知し、多様な状況で適応できるようにたんぱく質合成の調節を行っています。
筋自身が自身の環境に適応できる細胞を合成しているというのは、筋の発達を考える上でも非常に重要なものとなります。

このようにたんぱく質の合成装置としての筋細胞が持つ役割は非常に重要です。
特に運動や他動的ストレッチのような筋細胞への単純な介入で、筋のたんぱく質合成速度を増加させることがわかっていて、筋の機能を変化させるのにも重要であることがわかっています。

たんぱく質合成を促進させるような刺激を筋細胞に送ることは、新しい筋を作るうえでとても重要な刺激となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-2

    脊柱のカップリングモーションと歩行

    脊柱にはカップリングモーションという機構があります。これは脊柱の動きは、カップル(二つ一…
  2. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  3. 2015-8-10

    小脳・脳幹・脊髄と随意運動

    小脳は大脳の後下方に位置します。水平方向に走る溝によって前葉、後葉、片葉小節葉に分けられ、垂…
  4. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
  5. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
ページ上部へ戻る