筋収縮とエネルギー代謝

等尺性収縮の発揮筋力は、その持続時間に比例して低下します。

最大随意収縮力は、6〜7secしか維持できません。

その75%では30〜35sec、50%では1min、25%では3.5hも収縮が可能になります。

この相違は、筋収縮による筋への血流の低下あるいは遮断の程度を反映しています。

これは筋の代謝容量の低下で起こります。

筋疲労後の筋力回復過程も同じように、3minの休息で最大収縮力の80%、10〜11minで100%の回復が得られます。

ただし、等尺性収縮では、回復の時間は長くなり、10minで70%、40minで90%の回復になります。

体内には約180,000kcalのエネルギーが貯蔵されています。

その組成は、脂質77%、タンパク質22%、糖質1%です。

ただちに利用できるエネルギー源は糖質であり、筋グリコーゲンとして75%、肝グリコーゲンとして20%、細胞外液のグルコース5%です。

運動強度が低い時、筋収縮のエネルギーの多くは、脂肪から得られます。

運動強度が上昇すると、糖質の利用が高まります。

最大酸素摂取量50〜70%の運動強度になると、糖質が主なエネルギー源となり、85〜90%では糖質だけになります。

筋グリコーゲンの減少は、有酸素性運動ではSO線維で著しく、無酸素性運動ではFF線維が著しく減少します。

また、筋は、直接のエネルギー源として、ATPとクレアチンリン酸(CP)を利用しています。

CPは、クレアチンキナーゼの触媒によって、ADPにリン酸を転移してATPを再合成します。

CPは、体重あたりもっとも少ないエネルギー源になります。

筋グリコーゲンは量も多いですが、エネルギー放出の速さはCPの半分になります。

一方、再合成には、CPが30〜120min、グリコーゲンが60〜90minを要します。

連続した運動では、CPやグリコーゲンが減少し、その再合成は遅延します。

筋組織には、乳酸が蓄積して、筋疲労や収縮力の低下が起こります。

最大酸素摂取量の75〜80%の運動強度で、疲労するまで運動を続けると、筋グリコーゲンは完全になくなります。

筋グリコーゲンの有無が連続運動の主要な制約条件になっています、

また、肝グリコーゲンもグルコースとなって筋に補給されます。

安静時、肝臓にはおよそ100gのグリコーゲンが蓄えられていますが、身体運動によって消耗すると、血中グルコース濃度を維持するように1〜2g/minの割合で肝臓のグリコーゲンが利用されます。

間欠的な運動では、酸素供給が可能であり、細胞呼吸によるATP再合成がなされます。

したがって、15〜20secの最大筋収縮でも、30secくらいの休息で良いとされています。

短時間の運動では、ATPとCPが主なエネルギー源になります。

短時間による等尺性最大収縮によってATPが20%、CPが約80%減少します。

この場合、筋グリコーゲンはあまり減少しませんが、乳酸酸性は多くなります。

この場合には、ATPやグリコーゲンの不足ではなく、リン酸の不足、酸化物質の蓄積による解糖の障害が運動の制約条件となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  2. 2016-12-20

    行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期で…
  3. 2015-8-29

    胎児および乳児の運動発達

    人間では、胎児期に運動発達が始まります。受胎後7週目に頭部および頚部への横紋筋への運動神経支…
  4. 2017-3-24

    健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあ…
  5. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
ページ上部へ戻る