顎関節ストレスと姿勢

筋解剖学に基づくと、頭部の位置が下顎の安静位置に影響を及ぼすと考えることは容易なものです。

たとえば、慢性的な頭部前方位を呈した姿勢において、突出された頭部を観察すると、上部胸郭と下部頚椎の屈曲と、上部頚椎と頭蓋頚椎部の伸展を伴っていることが分かります。

この姿勢は、舌骨の下方・後方への牽引力を作り出し、胸骨舌骨筋、肩甲舌骨筋などの舌骨下筋群を伸張させます。

その牽引は、顎二腹筋前腹のような舌骨上筋を介して、下顎に伝えられます。

その結果、下顎は後退と下制の方向に引かれます。

肩甲舌骨筋は肩甲骨に付着しているため、肩甲帯の不良姿勢、たとえば、極端な下制や下方回旋、肩甲胸郭関節での後退は筋をさらに伸張位にさせ、下顎を引っ張ります。

下顎の安静位置を変えることは、下顎窩内の関節突起の位置を変化させます。

関節突起が後方へ変位すると、繊細な後円板層は圧迫され、炎症や筋スパズムを引き起こしてしまいます。

下顎を突き出す姿勢を取ってしまうのはこの後円板層の圧迫を避けるために自然に起こりうるものであることや、突き出すことで起こる筋のスパズムが結果的に関節円板を関節突起に対して前内方へ異常に位置させることが考えられます。

この、「肩甲胸郭関節の異常姿勢は下顎の位置に影響を及ぼし、最終的に顎関節に対する負荷を増加させる」という前提は、姿勢や運動の評価だけでなく、顎関節障害の評価においても臨床的な見解を補強するものであると言えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-11-26

    鵞足炎

    鵞足炎は、ランニングやジャンプ、切り返し動作などを繰り返すことにより、鵞足を形成する筋群に過度な負担…
  2. 2015-1-28

    食べてエネルギーを消費する。

    人は生きるうえでエネルギーを摂取したり消費したりします。消費エネルギーを増やすために運動をす…
  3. 2015-7-27

    脊髄の外景を考える

    脊髄( spinal cord )は脊柱管の中にあり、神経管の原型を残し、中枢神経系の中で最も原始的…
  4. 2017-3-24

    健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあ…
  5. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
ページ上部へ戻る