脳の自己組織化とは

脳の自己組織化を考えると、それは神経細胞の集団が集まることで、ひとりでに機能的なネットワークが構築される、ということを意味します。

本来、神経細胞単独では、オンとオフがあるだけの存在です。
しかしながら、それが集まって億を軽く超える神経細胞の集団になると、神経回路網が環境適応的に構築され、思考や感情といった我々の「こころ」を形成することになります。

あるかないかの存在が集まることで1つの機能「こころ」を形成するというのは、いわゆる脳の自己組織化ともいえるでしょう。

脳以外の組織では、たとえば肝臓は肝臓として、心臓は心臓として、しっかりと機能できる状態で生まれてきるのに対し、誕生時点での脳の未完成ぶりは、その後の神経系の発達に何年もかかることからも想像がつきます。
何なら脳はその生涯にわたって、環境適応的に変化し続けていくものであり、これが「脳の可塑性」と呼ばれています。

ヒトの大脳皮質の神経細胞は、その誕生時には150億あると言われていますが、神経細胞は海馬などの一部の場所を除いては新生されず、徐々に減っていくことがわかっています。

では、日々減少する脳の神経細胞はどのように発達するのかというと、これはシナプス形成によるものと言われています。
神経細胞同士が接続し、複雑な神経回路網を構築することによって、脳は発達することになります。
中枢神経系が発達することとは、このように神経接続が密になり、神経回路網を作り上げることに他ならないでしょう。

この神経回路網の形成は環境からの外部からの感覚情報や身体内部からの感覚情報に応じて、よく使われる神経回路は強化され、あまり使われない神経細胞どうしの結合は弱くなっていくといった形で、感覚情報に応じてひとりでに組みあがっていきます。
これは「脳の自己組織性」ともいえるでしょう。

構造物として最初の形態ができてしまえば、脳の神経細胞同士が環境からの刺激に応じて、自分で自分のつながり方を組みあげていくことで、自然と脳が発達しているということがわかります。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
  2. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
  3. 2015-12-23

    筋の時間的加重とは

    筋の活動は収縮と弛緩によって完結されます。それは活動電位による筋細胞の興奮によってもたらされ…
  4. 2015-5-20

    難消化性デンプンとは

    難消化性デンプンとは、レジスタントスターチといい、ヒトの小腸まででは消化されず、大腸に届くでんぷん、…
  5. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
ページ上部へ戻る