筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、関節運動が起こっている時も筋緊張が変化していると捉えられています。

この筋の緊張の調整は、骨格筋へのインパルスが増加することで、筋緊張が亢進し、減少することで低下しています。

すなわち、筋緊張の変化が生じる筋を支配するα運動ニューロンの発火状態に依存していて、神経生理学的には支配筋に持続的に一定の緊張状態が生じています。

また筋が伸張されると、その伸張刺激は求心性のⅠaおよび群線維を介して脊髄へ伝達され、その刺激がα運動神経細胞と興奮性に伝達され筋収縮が起こります。

Ia群線維は主に伸張速度に対して、群線維は筋長に比例してインパルスを発射しています。

この支配にはγ運動ニューロンが関与していて、筋紡錘内の錘内筋線維の両端にシナプス結合し、遠心性に支配しています。

γ運動ニューロンには静的応答および動的応答の役割を有する2種類があり、前者が筋長を、後者が伸張速度の変化に応答し、筋紡錘の感受性を制御することで、α運動ニューロンとともに運動調節の役割を果たしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
  2. 2014-11-27

    脂肪の働きを考える!

    それは人類の歴史をさかのぼること数百万年、人類が原始時代を生き抜いていた頃からの話になります。そ…
  3. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  4. 2015-9-27

    運動後の筋疲労回復としての軽運動

    運動に疲労はつきものです。運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れら…
  5. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
ページ上部へ戻る