筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、関節運動が起こっている時も筋緊張が変化していると捉えられています。

この筋の緊張の調整は、骨格筋へのインパルスが増加することで、筋緊張が亢進し、減少することで低下しています。

すなわち、筋緊張の変化が生じる筋を支配するα運動ニューロンの発火状態に依存していて、神経生理学的には支配筋に持続的に一定の緊張状態が生じています。

また筋が伸張されると、その伸張刺激は求心性のⅠaおよび群線維を介して脊髄へ伝達され、その刺激がα運動神経細胞と興奮性に伝達され筋収縮が起こります。

Ia群線維は主に伸張速度に対して、群線維は筋長に比例してインパルスを発射しています。

この支配にはγ運動ニューロンが関与していて、筋紡錘内の錘内筋線維の両端にシナプス結合し、遠心性に支配しています。

γ運動ニューロンには静的応答および動的応答の役割を有する2種類があり、前者が筋長を、後者が伸張速度の変化に応答し、筋紡錘の感受性を制御することで、α運動ニューロンとともに運動調節の役割を果たしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
  2. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  3. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
  4. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
  5. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
ページ上部へ戻る