筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、関節運動が起こっている時も筋緊張が変化していると捉えられています。

この筋の緊張の調整は、骨格筋へのインパルスが増加することで、筋緊張が亢進し、減少することで低下しています。

すなわち、筋緊張の変化が生じる筋を支配するα運動ニューロンの発火状態に依存していて、神経生理学的には支配筋に持続的に一定の緊張状態が生じています。

また筋が伸張されると、その伸張刺激は求心性のⅠaおよび群線維を介して脊髄へ伝達され、その刺激がα運動神経細胞と興奮性に伝達され筋収縮が起こります。

Ia群線維は主に伸張速度に対して、群線維は筋長に比例してインパルスを発射しています。

この支配にはγ運動ニューロンが関与していて、筋紡錘内の錘内筋線維の両端にシナプス結合し、遠心性に支配しています。

γ運動ニューロンには静的応答および動的応答の役割を有する2種類があり、前者が筋長を、後者が伸張速度の変化に応答し、筋紡錘の感受性を制御することで、α運動ニューロンとともに運動調節の役割を果たしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  2. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  3. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  4. 2015-6-12

    アディポサイトカイン

    アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをい…
  5. 2015-10-11

    腱断裂

    腱は骨格筋と骨を結び付けている強靭な結合組織で、筋収縮によって得られたエネルギーは腱によって骨に伝え…
ページ上部へ戻る