フィードフォワード制御とは

運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけています。

これら運動制御系は、必要とされる活動を決定する際に、環境や効果器からの感覚情報を利用することができ、出力だけでなく、感覚入力も受けています。

効果器からの感覚入力は、効果器の状態に関する情報を提供しています。

制御器は、効果器の出力による影響を受けない信号にしたがって活動している場合があります。

それがフィードフォワード制御です。

これには直接制御と内部モデルを用いる関節制御との2種類があります。

内部モデルというのは、運動学習の結果、中枢神経系、おそらく小脳に蓄えられた運動制御のためのモデルであり、これを使って運動指令が出されます。

直接制御では、効果器の行動を知ることなしに制御がなされています。

フィードフォワード制御の利点は、理想的に行われた場合には、指示されたプログラムと制御されたプログラムとの間に誤差がなく、完全なパフォーマンスになることです。

しかし、フィードフォワード制御では、予期しない乱れを修正することが出来ません。

また、それほど正確な制御器は、生物系には存在しないと言われています。

人間の随意運動の制御では、内部モデルが利用されています。

内部モデルは、運動の目標あるいは運動指令の信号を入力として受け、身体の現状態を固有感覚情報として受けています。

このモデルには、四肢の運動を正確に予測することを学習する能力が求められています。

その出力は、運動指令あるいは行為の結果についての感覚の予測を形成することが出来なければなりません。

そのような学習に関与するのは、主に小脳です。

そのほかに、運動野や感覚野、脊髄も関与していると考えられます。

外側小脳から後頭頂葉へ、さらに運動前野や運動野へと強力な結合があり、内部モデルとの関連が示唆されています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-9

    300億個もの脂肪細胞とエネルギー恒常性

    脂肪細胞は脂肪組織の主要な構成細胞であり、エネルギーを細胞内に中性脂肪として蓄積しています。過剰…
  2. 2015-2-3

    外界の刺激を感知する「皮膚感覚」

    皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、人体で最も広い表面積を持つ器官です。皮膚には、外…
  3. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  4. 2017-3-18

    バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60…
  5. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
ページ上部へ戻る