安静立位姿勢と筋活動

人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。

そのため、立位姿勢の定位と安定性は、姿勢制御の主要な関心事となっています。

人間は、基本的な立位姿勢を維持するため、身体の体節構造と重心線の関係から、複数の筋群が持続的収縮を行っています。

姿勢の維持は、言い換えれば、脊柱の支持と考えられます。

安静立位時に脊柱を後方から支えている筋群は、脊柱起立筋になります。

ただし、立位姿勢の保持には、胸腔と腹腔の内圧によって前方から加わる脊柱への支持も重要な役割も果たしています。

大腿部による姿勢保持には、大腿二頭筋および大腿四頭筋の非持続的な筋活動がその役割を担い、下腿部では、腓腹筋やヒラメ筋の持続的活動があります。

安静立位姿勢を保持するための抗重力筋のうち、頸部筋や脊柱起立筋、大腿二頭筋およびヒラメ筋を主要姿勢筋とよびます。

体幹筋の活動をみていくと、姿勢別に優位に働く筋群が変わります。

基本的立位姿勢では脊柱起立筋は優位ですが、楽な立位姿勢になると腹筋群の活動が増加します。

休めの姿勢では、休足側の体幹筋と下肢筋はほとんど活動しませんが、支持足側の腓腹筋と前脛骨筋は活動しています。

両側を軽く開いて、両手を腰部で組んだ姿勢では、大腿二頭筋、腓腹筋、ヒラメ筋のほかに大腿四頭筋、前脛骨筋の活動も生じています。

また、立位姿勢における筋活動には、発達的な変化もあります。

幼児期には、脊柱起立筋とその拮抗筋である腹直筋にも、持続的活動が観察されます。

幼児期では、主動筋の働きは不完全であり、さらに不用な筋群の活動を抑制する機構が未熟であることが原因になります。

他にも、軍隊式直立不動の姿勢を長時間にわたって保持すると筋群の過緊張によって、下肢筋群に循環障害が起こります。

エネルギー消費は楽な立位姿勢よりも約20%も増加します。

快適で長続きする自然なり立位姿勢の保持には3つの要素が関与しているといいます。

まず、安定性です。

力学的にバランスの安定した状態であれば、姿勢保持のために筋活動は最小になります。

次に、非対称性です。

直立不動の姿勢よりも、片足を斜め前に出した休めの姿勢のほうが、支持基底が広がり、バランスの安定性は増します。

そして、交代性です。

一定の姿勢を長時間にわたって保持するとき、わずかの姿勢変化によっても、筋緊張のバランスが広がり、筋群の血液循環が促進され、筋疲労が軽減されます。

休めの姿勢でも、休足を随時左右に交代させるほうが筋疲労は少なくなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-5

    筋小胞体の機能低下による筋疲労とは

    筋が発揮する張力は筋形質内の遊離Ca2+濃度により制御されています。骨格筋では、筋小胞体がこ…
  2. 2014-11-21

    筋繊維特性と筋肥大の関係

    筋トレをしているけど「筋肉が太くならない」と悩んでいる男性は多いのではないでしょうか?筋肉を…
  3. 2017-2-1

    逆三角形の背中をつくる

    引き締まったウエストと厚い胸板、そしてがっしりとした上背部があれば、きれいな逆三角形の体型になります…
  4. 2014-10-1

    赤血球と貧血の関係性を考える。

    赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…
  5. 2014-11-22

    水分の摂取を考える。

    水は普段の生活においてはほとんど意識することなく摂取しているものであるが身体機能保持・調節においては…
ページ上部へ戻る