「リンパが滞る」ってどういう状態?

私達の体内に張り巡らされたリンパ管、そしてその中を流れるのがリンパ液。
体内のあちこちで不要となった老廃物を集めて運び、やがて血液と合流し、腎臓に運ばれて、尿として体外へ排出する働きをしています。

老廃物、つまり体内のゴミの回収と運搬という働き自体は静脈を通る血液と同じですが、大きな違いはゴミの大きさにあります。

リンパ管では、血管に回収しきれなかった大きなゴミを運搬しています。
また、体にとって有害な細菌やウイルスなどの物質を、リンパ管の途中にあるリンパ節でろ過し、有害物質から体を守るのも大切な役目になります。
例えば、体調が悪くなって「リンパが腫れる」のは、リンパ節内での有害物質 VS リンパ液の戦いが、目に見える形で現れた状態です。

リンパ節は全身で800箇所以上あるともいわれ、中でも、鎖骨 の上、頸部、腋窩、鼠蹊部、膝の裏には大きい節があります。
リンパの流れが滞るとリンパは、自律神経や筋肉運動などの力で常に心臓に向かって流れていきますが、どの程度の速さで流れるかというと、とてもゆっくりしたもので、30 秒で約 12cm。
1 秒にすると、なんと 0.5cm 以下となり、ものすごくゆっくり動いていることがわかります。

さらに、眠っている時や疲れている時、緊張している時、寒い時などには、ますますスピードが落ちていきます。
だから滞ってしまうことも多くなるのです。

「リンパが滞る」ということは、老廃物が排出されないということで、これが体にさまざまなトラブルを引き起こす原因となっていきます。

生体は、細胞の活動によって、生命の維持に必要なエネルギーや物質をつくりますが、 同時に不必要な物質もつくられます。
それらは汗・尿・便・呼気などの形で体外へ排出されます。

例えば、酸素を使ったあとに発生する二酸化炭素は、肺を経由して呼気として排出されます。
また生体内のタンパク質が分解して生じる窒素化合物(尿酸、アンモニ アなど)は、腎臓を経由して尿として排出されます。

乳酸などの代謝性物質は通常は血流またはリンパの流れによって洗い流されますが、さまざまな理由によって流れが滞るといつまでも筋細胞内にとどまって、筋肉痛やコリの原因になります。
こうした老廃物が蓄積されることによって、さらに血管やリンパの流れを悪くしていくという悪循環になっていくのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  2. 2014-9-27

    運動後のストレッチを行ってますか?

    皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  3. 2015-6-24

    興奮収縮連関と筋収縮メカニズム

    神経筋接合部の筋細胞膜側は終板とよばれ、ここには多数のニコチン性ACh受容体が存在しています。…
  4. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  5. 2017-4-3

    プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるあ…
ページ上部へ戻る