貧血の原因にはさまざまなものがありますが、スポーツ選手に最も多く見られる貧血は鉄欠乏性貧血といわれるものです。

その原因としては、食事による鉄摂取量が不足していることが挙げられます。

また鉄は、汗、尿、便などによって排泄されており、特にスポーツ選手の場合、その排泄量は多いとされています。

したがって、スポーツ選手は、食事において鉄分の摂取を十分に配慮する必要があります。

その他、スポーツ選手の貧血には、運動誘発性溶血性貧血とよばれるものがあり、運動時の物理的なストレスによって末梢毛細血管内で赤血球が壊れることが原因とされています。

物理的なストレスには例えば、陸上ランナーのように頻繁に踵の血管に衝撃がかかることや、運動に伴って循環血液量が増加することで毛細血管への摩擦が増え、赤血球が傷つくことが挙げられます。

最近では貧血症状として持久力の低下だけでなく、筋中に酸化物質が蓄積しやすくなることから、瞬発系の種目にもマイナス要因となることがわかっています。

したがって、スポーツ選手は、その運動量に応じたエネルギーを摂取するとともに、貧血に陥らないように、タンパク質、鉄の摂取への配慮を欠かさないようにしなければなりません。

鉄そのものでいうと、ヘム鉄と非ヘム鉄に分けられますが、動物性食品に含まれるヘム鉄のほうが吸収性が高く、レバーやイワシ、マグロなどに多く含まれています。

それに対し、非ヘム鉄は、主に植物性食品に多く含まれており、吸収率は良くないものの、柑橘類に多いクエン酸、ビタミンCなどと共に摂取することでその吸収率が高まります。

しかし、鉄は緑茶などに含まれるタンニンや、玄米などに多く含まれているフィチン酸、ほうれんそうなどに多く含まれるシュウ酸などと同時に摂取すると吸収率は低下してしまいます。

ですが、フィチン酸自体は貧血予防に働く成分として知られています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  2. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  3. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  4. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
  5. 2016-2-24

    横突棘筋の解剖

    横突棘筋とは、半棘筋、多裂筋、回旋筋の総称で、脊柱の最深層に位置する筋です。半棘筋は、これら…
ページ上部へ戻る