貧血の原因にはさまざまなものがありますが、スポーツ選手に最も多く見られる貧血は鉄欠乏性貧血といわれるものです。

その原因としては、食事による鉄摂取量が不足していることが挙げられます。

また鉄は、汗、尿、便などによって排泄されており、特にスポーツ選手の場合、その排泄量は多いとされています。

したがって、スポーツ選手は、食事において鉄分の摂取を十分に配慮する必要があります。

その他、スポーツ選手の貧血には、運動誘発性溶血性貧血とよばれるものがあり、運動時の物理的なストレスによって末梢毛細血管内で赤血球が壊れることが原因とされています。

物理的なストレスには例えば、陸上ランナーのように頻繁に踵の血管に衝撃がかかることや、運動に伴って循環血液量が増加することで毛細血管への摩擦が増え、赤血球が傷つくことが挙げられます。

最近では貧血症状として持久力の低下だけでなく、筋中に酸化物質が蓄積しやすくなることから、瞬発系の種目にもマイナス要因となることがわかっています。

したがって、スポーツ選手は、その運動量に応じたエネルギーを摂取するとともに、貧血に陥らないように、タンパク質、鉄の摂取への配慮を欠かさないようにしなければなりません。

鉄そのものでいうと、ヘム鉄と非ヘム鉄に分けられますが、動物性食品に含まれるヘム鉄のほうが吸収性が高く、レバーやイワシ、マグロなどに多く含まれています。

それに対し、非ヘム鉄は、主に植物性食品に多く含まれており、吸収率は良くないものの、柑橘類に多いクエン酸、ビタミンCなどと共に摂取することでその吸収率が高まります。

しかし、鉄は緑茶などに含まれるタンニンや、玄米などに多く含まれているフィチン酸、ほうれんそうなどに多く含まれるシュウ酸などと同時に摂取すると吸収率は低下してしまいます。

ですが、フィチン酸自体は貧血予防に働く成分として知られています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-10

    ATPを産生するメカニズム

    ATPを産生するメカニズムは①クレアチンリン酸(PCr)の分解によるATP-PCr系…
  2. 2015-6-6

    タメになる「豆」知識

    体型を気にしている女性やダイエットをしている女性は「ナッツ(豆)は美容効果やダイエットに良い」と聞い…
  3. 2015-9-24

    呼吸筋のコンディショニング

    最近の研究で、横隔膜や腹横筋は体幹の安定性と呼吸の維持を図る二重作用を持つことが明らかにされていて、…
  4. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  5. 2015-11-11

    股関節にある二関節筋に対するストレッチの有効性

    臨床家は、筋骨格系の治療と予防に筋のストレッチングをよく用います。股関節の二関節筋、とくにハ…
ページ上部へ戻る