姿勢保持と平衡運動反射

種々の姿勢の保持、多様な運動の遂行は、重力の関係で、容易にも困難にもなります。

自己の姿勢や運動を感知する固有感覚、触覚や視覚の情報が中枢神経系で統合され、四肢と体幹の相互関係が重力とバランスをとるように、全身の筋緊張を調整する指令が出されます。

こうした重力に抗する自動的な筋活動により、静止姿勢、随意運動に伴う動的姿勢が保たれています。

これら抗重力機構よる姿勢保持には、種々の調整機構が関与します。

例えば、直立位で体幹が前方に傾くと、下腿三頭筋は伸張反射により伸展されて収縮し、体幹を元の位置に戻します。

前傾が大きいと別の機構が働き、下肢屈筋の促通、伸筋の抑制が起こり、下肢を一歩踏み出します。

これは踏み直り反射によるものです。

類似した刺激でも、その強さや身体状況によって、異なる反射が働いてバランスを保ちます。

これらの反射機構は、無意識に統合されています。

こういった四肢伸筋の伸張反射は、姿勢保持の基本となります。

筋長の微小な変化に対しては、脊髄反射を介して筋緊張を調節しており、大きな身体の揺れは、平衡感覚や長経路反射によって調節されます。

また、上位中枢から脊髄への抑制性制御が消失すると、伸筋の筋緊張亢進、痙縮が起こります。

この減少は、抗重力機構の機能亢進でもありますが、バランス保持には役立ちません。

ほかの姿勢保持機構が正しく働くためには、抗重力機構も正しく機能することが重要です。

外力に対する姿勢バランスの保持は、立ち直り反射や平衡運動反射、長経路反射によって行われます。

身体運動時のバランス保持には、静止姿勢時のバランス保持よりも複雑な反応が必要になります。

立位では、支持基底が狭くなり、身体運動で重心線は簡単に支持基底の外に出てしまいますが、この場合、静止姿勢を保つ姿勢反射の働きでは、バランスはとれずに転倒します。

姿勢のバランス安定性を維持する反応は、平衡運動反射、迷路加速反射、加速反射です。

これらはバランス反応とも呼ばれており、身体の運動時にみられる姿勢と平衡の保持の反射とされています。

この反射は、頭部位置の急激な変化で起こり、外力に対する代償を行います。

直線方向の加速度や回転方向の角加速度が前庭器への刺激となり、眼球運動や頭部と体幹、四肢の運動を起こす引き金となります。

反射中枢は延髄にありますが、上位中枢の制御を受けており、小脳の機能障害は、体幹バランスを不安定にします。

間脳や基底核、大脳皮質も、この反射が正常に機能するのに重要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-1

    この時期から暑熱馴化を

    最近は日差しも強くなり、だんだんと暑くなってきました暑くなってくると冷房をつけて暑さを回避し…
  2. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
  3. 2017-3-1

    大きな力を発揮するために

    筋肉が力を発揮する源は、筋原線維にあるミオシンのクロスブリッジがアクチンを引き込むことです。…
  4. 2016-12-27

    ムーブメントスキルを考える上で大切な3つの概念

    傷害予防やパフーマンス向上のを達成するためには、ムーブメントスキルの向上が不可欠です。ムーブ…
  5. 2015-9-24

    呼吸筋のコンディショニング

    最近の研究で、横隔膜や腹横筋は体幹の安定性と呼吸の維持を図る二重作用を持つことが明らかにされていて、…
ページ上部へ戻る