脊柱のカップリングモーションと歩行

脊柱にはカップリングモーションという機構があります。

これは脊柱の動きは、カップル(二つ一組)で起こるという現象です。
おおまかに説明すると、胸椎位は側屈と回旋が同方向でセットで起こります。

また、腰椎は側屈と回旋が逆方向にセットで起こります。

例えば、脊柱を左に捻った時、胸椎には左側屈が、腰椎には、右側側屈が起こります。

これは、椎間関節の形状で無意識に起こる機構です。

実際この機構がなぜヒトの身体の中で起こるようになったのかは未だ解明されていません。

直立することで腰椎の前弯ができ、腰椎の椎間関節も巨大化し、安定性が増します。

そうなることで、脊柱の生理的な弯曲という横から見た時の脊柱の自然なS字カーブが形成されます。

この状態で脊柱を捻ると、カップリングモーションが自然に起こります。

つまり、直立姿勢に腕の振りという回旋動作が起こることでこの機構が出来上がったと考えられます。

そしてこの機構は、歩行にとても適していてます。

S字カーブは重力に対して前後のバランスを取る様に働き、脊柱のの圧縮力を分散しています。

同様に、カップリングモーション時、後ろから身体を観察すると、S字カーブが現れるのです。

つまり、これは左右のバランスを分散していると考えられます。

脊椎の回旋動作は、カップリングモーションを引き出し、脊椎の生理的弯曲とともに重力によって潰れないように、前後左右のバランスをとる安定化機構ということがわかるります。

カップリングモーションは効率的な歩行を考える時に、とても理にかなった機構なのです。

歩行時の脊柱の回旋は重要ですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  2. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  3. 2016-4-4

    手の開き(指の伸展)と筋の協調

    手の開きは、つかみの準備のために行われます。MPとIP関節を通る指の完全伸展に対する最大の抵…
  4. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
  5. 2017-1-10

    神経・筋に対するトレーニングの効果

    トレーニングで用いる負荷の大きさや、動作様式に応じて神経や筋肉にさまざまな適応を引き起こします。…
ページ上部へ戻る