脊柱のカップリングモーションと歩行

脊柱にはカップリングモーションという機構があります。

これは脊柱の動きは、カップル(二つ一組)で起こるという現象です。
おおまかに説明すると、胸椎位は側屈と回旋が同方向でセットで起こります。

また、腰椎は側屈と回旋が逆方向にセットで起こります。

例えば、脊柱を左に捻った時、胸椎には左側屈が、腰椎には、右側側屈が起こります。

これは、椎間関節の形状で無意識に起こる機構です。

実際この機構がなぜヒトの身体の中で起こるようになったのかは未だ解明されていません。

直立することで腰椎の前弯ができ、腰椎の椎間関節も巨大化し、安定性が増します。

そうなることで、脊柱の生理的な弯曲という横から見た時の脊柱の自然なS字カーブが形成されます。

この状態で脊柱を捻ると、カップリングモーションが自然に起こります。

つまり、直立姿勢に腕の振りという回旋動作が起こることでこの機構が出来上がったと考えられます。

そしてこの機構は、歩行にとても適していてます。

S字カーブは重力に対して前後のバランスを取る様に働き、脊柱のの圧縮力を分散しています。

同様に、カップリングモーション時、後ろから身体を観察すると、S字カーブが現れるのです。

つまり、これは左右のバランスを分散していると考えられます。

脊椎の回旋動作は、カップリングモーションを引き出し、脊椎の生理的弯曲とともに重力によって潰れないように、前後左右のバランスをとる安定化機構ということがわかるります。

カップリングモーションは効率的な歩行を考える時に、とても理にかなった機構なのです。

歩行時の脊柱の回旋は重要ですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-2

    活性酸素と筋ミトコンドリア

    運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の…
  2. 2015-1-16

    水素イオン濃度指数

    マッサージにはいろいろな効果があります。その中でも、今回は『筋疲労回復の効果』についてです。…
  3. 2015-6-12

    アディポサイトカイン

    アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをい…
  4. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  5. 2015-5-18

    肥満と神経ヒスタミン

    ヒスタミンは広く知られているところで、花粉症のくしゃみなどアレルギー症状の原因になる物質です。…
ページ上部へ戻る