さまざまな視点でみた「よい姿勢」

よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。

力学的には、姿勢の安定性、力の効率などが問題になり、形態学的には、脊柱、四肢の骨格、関節や筋の構造など、神経学的には神経筋の活動、運動生理学的には、疲労、循環やエネルギー代謝、心理学的には、性格、心理的状態などが挙げられます。

また、美学からはプロポーションなどが要素として挙げられます。

同じ姿勢であっても、それぞれの視点によって、姿勢には異なる意義があり、それにしたがって理解され、評価されます。

力学的視点からみた姿勢は、力学的に安定していることが重要です。

静止姿勢では、頭部、体幹および四肢の各体節の重心を統合した重心線が支持基底のなかに位置していること、その位置が支持基底の中心に近いほど安定性は保たれます。

中心から遠ざかるほど、重力による回転トルクが生じやすくなり、バランスを維持するための筋活動や靭帯の緊張が必要になります。

生理学的視点からみると、生理的に疲労しにくいことが重要になります。

同じ姿勢を長時間にわたって保持すると、筋の血液循環量が低下して、筋疲労が生じます。

少しずつであっても、姿勢を変化させることが筋疲労の軽減に有効です。

過緊張による筋の強い収縮も、血液循環の停滞を起こします。

循環器、呼吸器、消化器、泌尿器などの内臓器官に過剰な圧迫、負担が加わらない状態であって、正常に機能する姿勢が良いと考えられます。

心拍数は、姿勢の変化によって変動します。

仰臥位では、循環静力学的にはもっとも負荷が少なく、心拍数も少なくなります。

立位姿勢では、身体各部の静脈系や毛細血管内圧が上昇し、循環系はそれに順応するように、心拍数が増加します。

心拍数は、臥位、端座位、立位の順で多くなります。

血圧も同様の順で高くなりますが、その差は大きくありません。

運動生理学的には、消費エネルギーが少なく、最小の筋活動による姿勢や動作が遂行できる姿勢が良いと考えられます。

心理学的には、心理的に安定していることが重要です。

姿勢は、骨格の構造や神経筋の働きだけで定まるのではなく、個人のパーソナリティや情動の影響を強く受けて、その時々の心理状態を反映します。

感情や心の持ち方は、神経系全体の機能に強く影響し、個人の姿勢に表れます。

喜び、幸福感、自信などは、伸展位が顕著な姿勢となって表れ、不幸や劣等感は、屈曲位が顕著に表れます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-6

    炎症のメカニズムとは

    炎症とは、腫脹・熱発・発赤・疼痛に機能障害を加えた5つの徴候が起こる障害です。炎症が起こると…
  2. 2015-9-18

    無酸素性エネルギー

    身体運動は、筋収縮によって行われます。筋の収縮と弛緩にかかわる直接的なエネルギーはATPです…
  3. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  4. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  5. 2014-10-1

    日本人の敵「腰痛」

    日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
ページ上部へ戻る