さまざまな視点でみた「よい姿勢」

よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。

力学的には、姿勢の安定性、力の効率などが問題になり、形態学的には、脊柱、四肢の骨格、関節や筋の構造など、神経学的には神経筋の活動、運動生理学的には、疲労、循環やエネルギー代謝、心理学的には、性格、心理的状態などが挙げられます。

また、美学からはプロポーションなどが要素として挙げられます。

同じ姿勢であっても、それぞれの視点によって、姿勢には異なる意義があり、それにしたがって理解され、評価されます。

力学的視点からみた姿勢は、力学的に安定していることが重要です。

静止姿勢では、頭部、体幹および四肢の各体節の重心を統合した重心線が支持基底のなかに位置していること、その位置が支持基底の中心に近いほど安定性は保たれます。

中心から遠ざかるほど、重力による回転トルクが生じやすくなり、バランスを維持するための筋活動や靭帯の緊張が必要になります。

生理学的視点からみると、生理的に疲労しにくいことが重要になります。

同じ姿勢を長時間にわたって保持すると、筋の血液循環量が低下して、筋疲労が生じます。

少しずつであっても、姿勢を変化させることが筋疲労の軽減に有効です。

過緊張による筋の強い収縮も、血液循環の停滞を起こします。

循環器、呼吸器、消化器、泌尿器などの内臓器官に過剰な圧迫、負担が加わらない状態であって、正常に機能する姿勢が良いと考えられます。

心拍数は、姿勢の変化によって変動します。

仰臥位では、循環静力学的にはもっとも負荷が少なく、心拍数も少なくなります。

立位姿勢では、身体各部の静脈系や毛細血管内圧が上昇し、循環系はそれに順応するように、心拍数が増加します。

心拍数は、臥位、端座位、立位の順で多くなります。

血圧も同様の順で高くなりますが、その差は大きくありません。

運動生理学的には、消費エネルギーが少なく、最小の筋活動による姿勢や動作が遂行できる姿勢が良いと考えられます。

心理学的には、心理的に安定していることが重要です。

姿勢は、骨格の構造や神経筋の働きだけで定まるのではなく、個人のパーソナリティや情動の影響を強く受けて、その時々の心理状態を反映します。

感情や心の持ち方は、神経系全体の機能に強く影響し、個人の姿勢に表れます。

喜び、幸福感、自信などは、伸展位が顕著な姿勢となって表れ、不幸や劣等感は、屈曲位が顕著に表れます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
  2. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  3. 2015-2-22

    運動をする時間帯とそのパフォーマンスについて

    運動を実施する時間帯とそのパフォーマンスには相関するものがあるでしょうか?被験者に1時間ごと…
  4. 2015-2-4

    トレーニングの方法

    トレーニングの方法にはいくつか種類がありますが、それぞれにはそれぞれの良さがあり、どれも特徴が違いま…
  5. 2015-9-6

    姿勢保持と平衡運動反射

    種々の姿勢の保持、多様な運動の遂行は、重力の関係で、容易にも困難にもなります。自己の姿勢や運…
ページ上部へ戻る