運動学習における感覚系の役割

箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります。

眼を閉じていても、できる程度に上達すると、感覚情報なしで、ある程度の運動課題の遂行が可能になります。

上肢の間隔を喪失した患者が、閉眼したまま、複雑な手指の運動を行うこともできます。

しかし、慣れ親しんだ運動課題は別として、新たな運動課題の学習にとっては、感覚情報の欠如は致命的になります。

運動学習では、身体の動きで生じる各種の感覚器から得られたパフォーマンスに関する情報を、感覚フィードバックとして利用しています。

感覚フィードバックのひとつの役割は、課題遂行時の運動制御に利用されて、運動軌道の修正を行うことです。

このフィードバック制御は閉ループ系とも呼ばれ、フィードバック‐誤差検出‐誤差修正を基本要素とする自己調節系である。

この系を通して、中枢神経系からの出力は、常にフィードバックされて、目標値と実行値との誤差をなくすように調節されています。

もうひとつの役割は、次回の運動を改善するために役立つ情報を提供することであり、学習フィードバックと呼ばれています。

指導者や教師の助けがなくても運動技能が獲得されるのは、身体運動および環境に対する運動の帰結から自動的に生じた学習フィードバックによる結果です。

これを内在的フィードバックといいます。

指導者や教師は、外在的フィードバックを与えることで、内在的フィードバックを強化することができます。

外在的フィードバックは、訓練目的で利用する特定の情報であり、結果の知識や身体運動の正誤、あるいは修正すべき点を告げることになります。

特定の情報とは、運動が正しいことを告げる信号、賞賛や激励、誤りの指摘などがあります。

また、感覚フィードバックは、生体のフィードフォワード制御を可能にする内部モデル形成にも関与しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-2

    筋のガーディングとは

    筋のガーディングとは、痛み刺激に反応する筋の持続的収縮であり、防御的に体が過度に動くのを防ぐためのサ…
  2. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  3. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
  4. 2015-11-21

    サラブレッドからみる栄養とトレーニング

    1998年、セイウンスカイという競走馬が4歳馬(現3歳)の頂点を決めるレースであるG1レースの皐月賞…
  5. 2015-5-22

    アルコール代謝によるRedox Shiftとは

    ダイエットはしているけどお酒は飲む。ダイエットをしている方のなかにもこういった方がいるのでは…
ページ上部へ戻る