歩行は、直立姿勢の維持、バランス保持、足踏み運動の3つの基本的機能が有機的に組織化されることで成り立っています。

安定した姿勢を保持しながら前進できるように神経系が多くの筋活動の協調性を図っています。

歩行は、一定の速さで移動するため、神経系は周期的な下肢の運動を制御しなければなりません。

また、状況に応じて歩行速度や進行方向を変更することもできなければなりません。

歩行の神経機構には、連鎖反射説と中枢パターン発生器説とがあります。

連鎖反射説では、筋1が運動を開始し、この運動によって生じた末梢受容器からの入力が筋2の活動を誘発します。

この過程が連続して、複雑な運動が形成されます。

そのような連鎖が閉じていれば、リズミカルな運動が反復し、歩行運動が完成します。

歩行時の下肢運動の微妙なタイミングは、下肢の位置や下肢への負荷のフィードバックなどによる反射で制御されると想定されます。

一方、中枢パターン発生器説は、屈筋および心筋を支配し、両者の間に相反抑制の結合があり、交互の活動を連続することができるような介在ニューロンプールの存在が鍵になります。

中枢パターン発生器が歩行に必要な筋活動の空間的・時間的パターンを決定します。

それに対応するような介在ニューロンプールは、現在のところ、昆虫には確認されていますが、脊椎動物では概念にとどまっています。

しかし、20世紀後半における運動行動の新たなモデルでは、スキーマ説や運動プログラム、運動プランなどと基底核や小脳の役割、運動制御理論との関連でも中枢パターン発生器説が有力になっています。

人間でも、歩行時位は意図的な制御をほとんど必要としないことから、その機構はプログラムされているとみなされます。

しかし、歩行中に感覚入力によって、歩行が調整されることもあります。

そのため、感覚障害も異常歩行の原因になります。

ただし、歩行が全くできなくなるわけではないため、連鎖反射説よりも中枢パターン発生器説のほうが支持されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-26

    テクニックを覚えるのに最適な期間

    さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。…
  2. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  3. 2015-9-2

    脊柱のカップリングモーションと歩行

    脊柱にはカップリングモーションという機構があります。これは脊柱の動きは、カップル(二つ一…
  4. 2014-9-28

    適度な運動はストレスに強い脳を作る!

    適度な運動は、健康な身体づくりに欠かせませんが、最近の研究では、運動が人にもたらすメリットはそれだけ…
  5. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
ページ上部へ戻る