記憶とシナプス可塑性

ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。

そのそれぞれが数千から数万のシナプスをもち、複雑な回路をつくっています。

これを人間世界に置き換えると、世界の人口約65億人に対し、脳の中ではその10倍以上の人間がそれぞれ数千人以上の相手と会話をしているようなものです。

これらの回路は常に一定であるはずはなく、身体内外に起こる反応により変化が起こるものだと考えられています。

よく例えられるものに記憶があります。

記憶するということは、その前とその後では脳の中で必ず変化が起きているはずであるからです。

そして記憶が消えずに残るためには、その変化はそのまま維持されなければなりません。

このように変化が起きてそれが維持されるという性質を可塑性といいます、

例えば、粘土を指で押すとその部分がへこみ、指を離してもそれが戻ることはありません。

これが可塑性になります。

この可塑性を発揮するものがニューロンの回路になります。

ニューロンの回路とそこを流れる信号を線路と電車だと考えると、いったん線路を作ってしまえば、電車は必ずその線路の上を走ります。

つまり線路が維持されるかぎり、電車は何度でも同じように走ることが出来ます。

これは記憶の場合には、何度でも同じように信号を流し、記憶を思い出すことができるということになります。

同じ記憶でも、数秒で忘れてしまうような記憶は、回路の変化を引き起こさないと考えられます。

脳の中で信号が流れ続けている間は覚えていますが、その信号が止まってしまうと信号の流れを再現できないため、思い出すことができなくなるのです。

記憶には、ニューロンの回路が変化して、さらにそれが維持されることが重要なのです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-9

    スポーツ医学の起源を知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  2. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  3. 2015-11-24

    肩関節周囲炎とそのアプローチによる機能予後

    肩関節周囲炎は、中年以降に起こる肩関節の拘縮と痛みを症状とする機能障害の総祢です。発症のきっかけ…
  4. 2015-6-17

    脂肪蓄積と体内時計

    体内時計の中枢である中枢時計は、視床下部視交叉上核にあり、各末梢器にも末梢時計なるものが存在していま…
  5. 2014-12-25

    足のアーチと衝撃吸収

    立位の重心を考えた時、人間は踵のほうに重心が落ちており、足部で考えると踵骨があって距骨があるという …
ページ上部へ戻る